シアトル近辺の美味しいレストラン食べ歩き
by seafoodie
プロフィール
シアトル在住のAlexです。美味しいものが大好きなので、レストラン訪問記をまとめてみました。

サイトの意図や星づけに関しては、はじめにをお読みください。

シアトルのレストランをお探しの方は、下の「カテゴリ」の中から [一覧] シアトル をお選びください。

日記はこちら
カテゴリ
全体
はじめに
[一覧] シアトル
[一覧] 北アメリカ
[一覧] ヨーロッパ
[一覧] アジア
[一覧] 南アメリカ
[一覧] オセアニア
シアトル
北アメリカ(シアトル以外)
ヨーロッパ
アジア
南アメリカ
オセアニア
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2005年 12月
2005年 08月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 08月
2004年 04月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2001年 01月
検索
その他のジャンル


<   2013年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
Bar Sajor (バー・サヨール)
b0198361_9112337.jpg

★★½☆
アメリカ西海岸料理
Bar Sajor
323 Occidental Ave S
Seattle, WA 98104
206-682-1117

Bar Sajorは、Sitka & SpruceのMatthew Dillon氏によるレストランで、半年ほど前にパイオニア・スクエアにオープンした。白とナチュラルな木の色をベースにしたインテリアは、やはりSitka & Spruceを思わせるものがある。

b0198361_9112758.jpg
インテリアはSitka & Spruceを思わせる

席に着いてまず出てきたのが、オリジナルの紅茶。セイロンティーにイラクサ、スペアミントやフェンネルなどを加えたもので、蜂蜜で少し甘味がついている。スッキリとした味わいのこの紅茶は、ディナーを始める前に味覚をリセットしてくれるようだ。

b0198361_9113134.jpg
サービスの紅茶

アペタイザーには、まず三種類のチーズを注文。それぞれに異なる美味しさで、しかも三種類のジャムの組み合わせで、様々な味わいが楽しめる。チーズもジャムも平均的なおいしさ。ただ、これにはパンも何もついてこなかったのが残念。パンは$4.50で注文しなければならないらしい。最近のレストランはパンを「買わせる」場所が多いけど、これは個人的に賛成できない。

b0198361_9113566.jpg
Cheeses & Three Conserves: red beet, galeaux d'eysines & carrot ($12)

アペタイザー第二弾は、鶏のレバームース。まるでホイップしてあるような軽さで、他の店のレバームースとは一線を画している。クリームのようにパンに塗れるけど、味自体はしっかりとしている。レバーの臭みはあまりなく、美味しさだけが強調されている感じ。薄切りのパンは三枚しかついてこなかったので、サーバーに頼んでもう少し持ってきてもらった。でも追加分は湿気たような感じの味で、かなり残念。

b0198361_9113948.jpg
Chicken Liver Mousse with Young Onion Salad & Pickled Salal Berries (&11.50)

メインは二人用のリブアイ・ステーキを注文した。シンプルな味つけで肉本来の味を楽しめるけど、とりたてて「美味しい!」と叫ばせてくれるような感動はない。逆に言うと、Matthew Dillon氏の新レストランということで期待していたのに、その期待を裏切られた気になった。

b0198361_9114290.jpg
One Pound Rib-Eye Steak Cooked Over Charcoal, with white chanterelles & blue corn on the cob (for two people) ($44)

メニューのどの品を見ても、このレストランでなきゃ食べられないというようなものが見つからない。アペタイザーに関して言えば、チーズや酢漬けの野菜や生ハムとか、最低限の努力で出せるようなものばかりの気がする。これにはちょっとガッカリしてしまった。Sitka & SpruceやCorson Buildingで素晴らしい料理を食べたことがあるだけに、このレストランには真新しい方向性が感じられず、「なんだ、これだったらSitka & Spruceに行けばいいじゃん」と思ってしまう。まぁパイオニア・スクエアという場所的なことで客を呼ぼうとしているだけなのかもしれないけど、期待していただけにとても残念だった。

ランチもやっているらしいので、今度チラッと行ってみようと思う。最終的な結論はその後ということに。
[PR]
by seafoodie | 2013-08-29 19:00 | シアトル