シアトル近辺の美味しいレストラン食べ歩き
by seafoodie
プロフィール
シアトル在住のAlexです。美味しいものが大好きなので、レストラン訪問記をまとめてみました。

サイトの意図や星づけに関しては、はじめにをお読みください。

シアトルのレストランをお探しの方は、下の「カテゴリ」の中から [一覧] シアトル をお選びください。

日記はこちら
カテゴリ
全体
はじめに
[一覧] シアトル
[一覧] 北アメリカ
[一覧] ヨーロッパ
[一覧] アジア
[一覧] 南アメリカ
[一覧] オセアニア
シアトル
北アメリカ(シアトル以外)
ヨーロッパ
アジア
南アメリカ
オセアニア
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2005年 12月
2005年 08月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 08月
2004年 04月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2001年 01月
検索
その他のジャンル


<   2013年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
Skillet Diner (スキレット・ダイナー)
b0198361_611462.jpg

★★★☆
アメリカ料理
Skillet Diner     [次の訪問記へ]
1400 E Union St
Seattle, WA 98122
206-512-2000

SkilletはJosh Henderson氏によって、2007年にシアトルで始められたストリートフードの店。「ストリートフード」という名の通り、キッチンごと車で移動して、曜日ごとに違う場所でディナーを提供している。今回僕が訪れたのは、キャピトル・ヒルに位置する、移動しないレストランSkillet Diner。ここは予約ができない場所なのでなかなか行く気になれなかったんだけど、いい噂をよく耳にするので、重い腰を上げて行ってきた。

天気がいいので、インダストリアル風インテリアの屋内はパスして、屋外にあるいくつかのテーブルの一つに座ることにした。道路のすぐ前だけど、それほど騒がしいというわけでもなく、とても気持ちがいい。

僕は金曜日スペシャルらしいエルクのサルズベリーステーキを注文。サルズベリーステーキはいわゆるアメリカ風ハンバーグステーキ。エルクのひき肉を球にして焼き、ジュニパーを使ったデミグラスソースをかけてある。どっしりとした味わいのソースは、最初はちょっと強すぎるかと思ったけど、エルクの骨太な味わいを支えるのにピッタリだ。玉ねぎの甘さやマッシュルームも手伝って、重いながらも飽きさせない。サルズベリーステーキは田舎っぽい味がすることが多いけど、ここのはしっかりと主張に溢れた味で、とても美味しかった。

b0198361_6115262.jpg
Elk Salisbury Steak - elk, local beef, smoked potato au gratin, pea vines, crimini mushrooms, onions, juniper demi ($18)

付け合わせには芽キャベツを注文。山盛りで出てきてビックリ。二人でも全部食べ切れなかったほど。こんなにいらないよー! フェンネルとマスタードの香りがする芽キャベツは確かに美味しいけど、個人的にはもっとよく炒めて香ばしさを楽しみたかったところ。載せてある青りんごの細切りは、なぜか少しボソボソして感じた。

b0198361_6115888.jpg
Brussel Sprouts - fennel, onions, apples, stone ground mustard ($8)

同行人は、アメリカ南部料理の代表とも言えるフライドチキン。しかもワッフル載せ。フライドチキンとワッフルは黒人が好んで食べる料理として知られているけど、これは日本人=寿司、アメリカ人=ハンバーガーといったステレオタイプ、いわば偏見とも思われるのでご注意を。

ジューシーなチキンの身には嫌な臭いは少しもなく、スパイスのかかったパリパリの皮との感触の対比が心地よい。これには蜂蜜がかかってくるんだけど、個人的にはチキンに甘いソースというのはあまり好きじゃない。でもワッフルと一緒だと、嘘のようにしっくりくるのがビックリした。どういう経緯でフライドチキンとワッフルが一緒に供されるようになったのか、ちょっと調べてみたいな。

b0198361_612185.jpg
Southern Fried Chicken - Draper Valley chicken, black pepper honey drizzle, potato salad, mustard vinaigrette ($15), +cornmeal waffle ($4)

どの料理もかなりどっしりとした味つけで、ここのシェフの方向性がうかがえるような料理だった。なるほど、評判がいいのも頷ける味だな。かなり骨太の味ばかりだったので毎日食べるというわけにはいかないけど、しっかりした味わいのものが食べたいときにはまた行ってみたい。
[PR]
by seafoodie | 2013-05-10 18:00 | シアトル