シアトル近辺の美味しいレストラン食べ歩き
by seafoodie
プロフィール
シアトル在住のAlexです。美味しいものが大好きなので、レストラン訪問記をまとめてみました。

サイトの意図や星づけに関しては、はじめにをお読みください。

シアトルのレストランをお探しの方は、下の「カテゴリ」の中から [一覧] シアトル をお選びください。

日記はこちら
カテゴリ
全体
はじめに
[一覧] シアトル
[一覧] 北アメリカ
[一覧] ヨーロッパ
[一覧] アジア
[一覧] 南アメリカ
[一覧] オセアニア
シアトル
北アメリカ(シアトル以外)
ヨーロッパ
アジア
南アメリカ
オセアニア
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2005年 12月
2005年 08月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 08月
2004年 04月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2001年 01月
検索
その他のジャンル


<   2012年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
Mamnoon (マムヌーン)
b0198361_8362094.jpg

★★★☆
中近東料理
Mamnoon
1508 Melrose Ave
Seattle, WA 98122
206-906-9606

Mamnoonは、キャピトル・ヒルに新しくオープンした中近東料理のレストラン。中近東料理というとハマスとかケバブとかを想像するけど、このレストランはそういうものも含めて、もっとハイグレードにした感じの場所らしい。最初に行ったときにはオープン直後だったからか、予約なしでは入れなかった。今回はきちんと予約を入れて挑戦してみた。

まず最初はレバノンあたりでお馴染みのキベ。これはブラジルに行ったときにレバノン料理の店で食べたことがある。カリッと揚がった外の皮を歯で噛みやぶると、中にはスパイスの香りが溢れるビーフのひき肉が詰まっている。そのままでも美味しいんだけど、ちょっとだけドライな感じがしたかな。ヨーグルトベースらしいソースをちょこっとつけて食べると、ドライさが緩和されてビーフの味が引き立つ感じ。これはおやつにピッタリだ。

b0198361_836245.jpg
Kibbeh (spiced beef, cracked wheat shell, pine nuts) ($8)

アペタイザー第二弾はカリフラワーのフライ。薄い衣をつけて揚げてあって、これにもヨーグルトベースのソースがかかってる。カリフラワーは炒めたり揚げたりすると、魅惑的な甘い香りが出て食欲をそそる。ソースの酸味は出しゃばることなく、カリフラワーの甘い香りと味をバックアップしてくれていた。

b0198361_8362777.jpg
Arnabeit Makli (fried cauliflower, tarrator) ($7)

アペタイザーに頼んだのは二品だけだったんだけど、もう一つサービスで持ってきてくれたのがこのパセリのサラダ。パセリとトマト、ミントとレモンくらいのとてもシンプルなもので、味もまさに想像通り。パセリはあまり好きな方じゃないんで多くは食べられなかったけど、口の中をサッパリさせてくれる感じでよかったかな。

b0198361_8363068.jpg
Tabbouleh (parsley, tomato, cracked wheat, lemon, mint) ($10)

メインの一品目はエビをガーリックと一緒に炒めたもの。口に入れると、ガーリックの美味しそうな香りと共に、クミンやコリアンダーなんかのたくさんのスパイスの香りが鼻に突き抜ける。中近東はこういうスパイスの使い方に関してはベテランだよね。甘いエビの味を引き立てていて、最高の一品だった。

b0198361_8363375.jpg
Rubyan (gulf prawn, fried garlic, cilantro, baharat) ($22)

メインの二品目は仔羊のシャンク。骨についた肉は少しだけドライな気がしたけど、下のソースをつけるとしっとり感が戻ってとてもいい感じ。スパイスの香りはするけど、至って「ノーマル」なラム・シャンクといった雰囲気だった。一緒についてきたのはTadiq Riceと呼ばれるもので、ライスの表面をカリッと焼いてある。中近東版焼きおにぎりって感じかな。どちらも美味しくて文句のつけどころはなかったけど、なんか普通っぽい感じは否めなかったな。

b0198361_836365.jpg
Khoresh (lamb shank, caramelized onion, saffron, dried lime, parsley, advieh) ($36 for two)

全体的に美味しい料理ばかりだったけど、それといった感動はなかったし、リピートしたい場所かというとそうでもない気がする。もう一度行くとしたら、もうちょっとオーソドックスな料理を頼んでみようかな。ランチにはテイクアウトのものも注文できるらしいので、近いうちにトライしてみたいと思っている。
[PR]
by seafoodie | 2012-12-05 19:00 | シアトル