人気ブログランキング |

シアトル近辺の美味しいレストラン食べ歩き
by seafoodie
プロフィール
シアトル在住のAlexです。美味しいものが大好きなので、レストラン訪問記をまとめてみました。

サイトの意図や星づけに関しては、はじめにをお読みください。

シアトルのレストランをお探しの方は、下の「カテゴリ」の中から [一覧] シアトル をお選びください。

日記はこちら
カテゴリ
全体
はじめに
[一覧] シアトル
[一覧] 北アメリカ
[一覧] ヨーロッパ
[一覧] アジア
[一覧] 南アメリカ
[一覧] オセアニア
シアトル
北アメリカ(シアトル以外)
ヨーロッパ
アジア
南アメリカ
オセアニア
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2005年 12月
2005年 08月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 08月
2004年 04月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2001年 01月
検索
その他のジャンル


<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Maekawa Bar (前川バー)
b0198361_8502725.jpg

★★★☆
日本料理/居酒屋
Maekawa Bar
601 S King St
Seattle, WA 98104
206-622-0634

b0198361_8503141.jpg

b0198361_8503247.jpg

b0198361_8503532.jpg

b0198361_8503676.jpg

b0198361_8504159.jpg

by seafoodie | 2011-03-30 00:00 | シアトル
Sun Sui Wah (サン・スイ・ワ)
b0198361_1371525.jpg

★★★★
中華料理
Sun Sui Wah
3888 Main St
Vancovuer B.C. V5V 3N9
604-872-8822

カナダのバンクーバーに行ったときにはいつも訪れてしまう、僕の大好きな中華レストランSun Sui Wah。今回は友達みんな引き連れてDim Sum(飲茶)に行ってきた。

ここはいつ行っても大勢の人でごったがえしている。客の7~8割はアジア人かな。予約はほとんど必須。予約しないでランチ/ディナータイムに行くと、かなり待たされることになるかもしれない。

今回僕たちが座ったのは、メインエリアからちょっと離れた個室のような場所。そのせいなのか、どこのテーブルでもそうなのかわからないけど、いつもの飲茶で見られるようなカートはまわってこない。メニューの写真を見ながら注文票に数を書き込んでサーバーに渡すと、料理を持ってきてくれるといったシステム。今回は10人以上の大所帯だったので、たくさんの料理を頼めてラッキーだった。

b0198361_1371847.jpg
目の前に並ぶ数々の料理!

いやー、もうありとあらゆるものを注文したんだけど、どれも他の中華レストランから一線を画すような味ばかり! どっしりと自信に満ち溢れた味で、それでいて澄んでいて、本物の中華料理とはこんな味なんだよって教えてくれるような感じの料理ばかりだった。

例えばハムユイのチャーハン。これにはどこでもチキンが入ってるんだけど、他のレストランのは結構申し訳程度なところが多い。ここのは大きめに切ったチキンで、それだけ食べてみても全く臭みがなく、ジューシーで素晴らしく美味しい。ご飯もベトつくことなく、一粒一粒がサラリとしている。シアトルの中華レストランのチャーハンより、確実にレベルが高い。

特に美味しかったのが、このホタテのダンプリング。プルプルしていて、口に含むとホタテとエビの美味しさがいっぱいに広がって、もう本当に堪えられない美味しさ。エビだけのダンプリングも最高に美味しかった。

b0198361_1372175.jpg
ホタテのダンプリング

あー、やっぱりSun Sui Wahは今まで僕が経験した中華料理で、一番の料理を出してくれる。そりゃ本場に行けばもっと美味しいものが食べられるかもしれないけど、北アメリカでこのレベルの料理が食べられるってスゴイことだと思う。ここの料理を食べるためだけにでも、2時間半かけてバンクーバーまで行きたい感じ。次はいつ行けるかなぁ…。
by seafoodie | 2011-03-20 00:00 | 北アメリカ(シアトル以外)
Flying Fish (フライング・フィッシュ)
b0198361_605722.jpg

★★★☆
シーフード/アメリカ北西部料理
Flying Fish
300 Westlake Ave N
Seattle, WA 98109
206-728-8595

Flying Fishは、シアトルでシーフードが食べたいという方に、いつも僕がオススメしているレストラン。シアトルにはRay's BoathouseとかAnthony'sとか、他に有名なシーフードレストランがたくさんあるけど、Flying Fishは他よりももっと独創的な料理を出していると思う。

開店当時はベルタウンに店があったんだけど、約1年ほど前に今のWestlakeの近所に引っ越したことは聞いていた。新しいロケーションの店は、今までの店よりも広く、もっとゆったりとした雰囲気。感じのいいバーもあって、ハッピーアワーは楽しそうだなっていう印象を受けた。ただ、店内は音を吸収するようなデザインではないので、ノイズレベルがかなり高くなってしまっていたのが気になった。まぁ店内がうるさいのは、前からからもしれないけどね。

アペタイザーにはアサリを注文。カレースープの中に入っていて、すごくいい香りがする。もっちりと太ったアサリの身は、カレースープのせいか臭みもなく、深い味わいを楽しめた。カレースープはそれだけだとしょっぱすぎるけど、アサリにかかる程度だと完璧なバランスだった。一緒についてきたのはポークのソーセージを薄切りにしたもの。まるでパテのような食感のソーセージは、ハーブのためかとても爽やかな味わいで、素晴らしい箸休めの役目を果たしている。ただアサリだけを出すんじゃなくて、それとはまったく違った方向の味を一緒に付けるなんて、やっぱりこの店の非凡さを見せつけてくれた感じだった。

b0198361_6109.jpg
Manila Clams, jungle curry, silky pork sausage ($11)

僕のメインは唐辛子をまぶしたマグロ。本来ならばシイタケを炒めたものが一緒についてくるはずだったんだけど、苦手だということを伝えたら、サンチョークのチップスを代わりにつけてくれた。シーフードレストランでマグロを頼むなんて、僕としては初めてだったんじゃないかな。いつもは白身魚が好きなんだけど、今日は「唐辛子」の文字に惹かれてしまった。味は可もなく不可もなくといった感じ。もっと唐辛子がたくさんまぶされているのかと思いきや、口の中ではちょっとだけピリッと感じる程度。ソースらしいものはあまりかかっていないので、味が少し弱く感じてしまった。下の野菜にかかったソースをつけて、初めて美味しくなる感じ。唐辛子も、もっとたくさんまぶしてあってもよかったのにな。一般受けするには、この程度に抑えなきゃいけなかったんだろうか。醤油とショウガとバターを使ったソースはとても美味しかった。サンチョークのチップスも、口の中の雰囲気を変えるのに最高だったし。

b0198361_61291.jpg
Togarashi Crusted Albacore, pea-vines, soy ginger butter ($24)

同行人はホタテを注文。ホタテの身は完璧な仕上がりで、甘い身が本当に美味しかった。パルメザンチーズとサンチョークを使ったアイオリのようなソースがついてきたんだけど、これをつけるとちょっとソースの味が強すぎる感じだった。キノアはまるでクスクスのような感じで、でも独特の香りがして面白かった。

b0198361_61528.jpg
Seared Sea Scallops, nicoise olive quinoa, grilled romaine, parmesan-sunchoke cream ($28)

やっぱりここの店は、他のシーフードレストランとは一線を画している気がする。独創的で、でも素材の美味しさを覆い隠さないような感じで、「あー、しっかり食べたな」って気にさせてくれた。シアトルでシーフードを食べるときには、ぜひ行っていただきたい店の一つだ。
by seafoodie | 2011-03-16 00:00 | シアトル
Monsoon (モンスーン)
b0198361_847567.jpg

★★★☆
ベトナム料理
Monsoon     [前の訪問記へ] [次の訪問記へ]
615 19th Ave E
Seattle, WA 98112
206-325-2111

またまたDine Around Seattleの恩恵を被るため、Monsoonにランチに行ってきた。

まずアペタイザーはBo La Lot。これはLa Lotという葉でフランクステーキを巻いて、それをグリルで焼いたもの。中の肉は柔らかくてジューシー、味付けも上々。それにLa Lotの葉の風味が加わって、今までに味わったことのない感覚を口の中に作り出している。アペタイザーだからたった一つだけだったけど、これは今度何個も食べてみたいと思わせてくれるような料理だった。素晴らしいアペタイザーだった。

b0198361_8475887.jpg
Bo La Lot: La Lot Leaves Wrapped Around Carlton Farm Flank Steak and Grilled

メインは「酔っぱらいチキン」。チキンをタレに漬けこんでおいて、それを揚げてトロッとしたソースをかけたもの。下にはライスが入ってる。このチキンを一口食べたとき、この味が記憶にあった。Baguette Boxの「酔っぱらいチキン」サンドイッチにそっくり。そういえばアペタイザーについてきた大根とニンジンの酢漬けの味も、Baguette Boxのサンドイッチにそっくりだった。サーバーに聞いてみると、なんと同じオーナーなんだそうな。へー! そうだったのか。Baguette Boxのチキンが大好きだった僕は、このチキンが好きでないわけがない。チキンは臭みもなく味も濃い。一つだけ難点を挙げるとすれば、かけてあるソースの味がとても濃いので、最後はソースを除けて食べなければならなかったこと。もう少しソースの量を抑えれば最高だったのにな。この一品で、なぜMonsoonが人気のあるレストランなのか、ハッキリとわかった気がした。

b0198361_84822.jpg
Crispy Local Drunken Chicken: Mad Hatcher Egg, Yu Choy, Broken Rice

デザートはバナナケーキ。これがねー、甘さが抑えてあって、日本人好みの素晴らしい味だった! 下にココナッツのソースがあるんだけど、これにはほとんど砂糖が使ってなくて、ただココナッツの風味を付け加えるだけな感じ。やっぱりアジアのレストランのデザートだからなのかな。華やかではないけど、心から満足させてくれたデザートだった。

b0198361_848591.jpg
Banana Cake with Savory Coconut Sauce

うん、Monsoonは美味しいかも! Dine Around Seattleは、まだ今月いっぱい続行中なので、また別のランチを食べに行きたいと思っている。


[追記 2011/03/15]

というわけで、またDine Around Seattleの$15ランチを食べに行ってきた。

まずアペタイザーはポークのスペアリブ。手で持ってかぶりつく。肉は中までジューシーで柔らか。まずマスタードの香りが鼻に抜けて、その後ホイスンソースのどっしりした香りが肉の味を包み込む。今まで食べたスペアリブの中で、一番美味しいかも! 普通のバーベキューソースとは違った、少しアジア風の味付けがまた面白い。スペアリブみたいに指が汚れる食べ物はあまり好きじゃないんだけど、これだったらいくつでも食べたい感じだった。

b0198361_1415566.jpg
Barbecued Carlton Farm Pork Spare Ribs with Ginger, Hoisin and Five Spice

メインはバーミチェリ・ヌードルに、チキンをカレー風味に調理したもの。それと揚げ春巻きみたいなものが入ってきた。チキンは臭みが全くなく、スパイスが澄んだ味に仕立て上げていて、目が覚めるような美味しさ。カレーのような香りは本当にわずかしかしない。チキンの美味しさを隠すことなく、引き立て役に留まっている感じだった。こういう澄んだ味わいは本当に大好きだ。揚げ春巻きのようなものの中には、ソーセージのような肉団子が入っている。これがまたプリプリしていて、チキンとは全く違った味わいで、すごく美味しい! ヌードルをご飯代わりにしながら、息もつかずに全て平らげてしまった。

b0198361_1415892.jpg
Vermicelli Bowl with Curry Chicken

デザートは前回と一緒だったので割愛。前回は選択肢があったけど、今回はなぜか一種類しかなかったんだよね。

Monsoonは行く度に色々な感動を与えてくれる。一番最初の体験だけ生ぬるい感じだったけど、それ以降は目の覚めるような料理ばかりを提供してくれた。僕のお気に入りレストランの一つになっちゃった感じだな。

Monsoon: [前の訪問記へ]
by seafoodie | 2011-03-07 00:00 | シアトル
Seatown Snack Bar (シータウン・スナックバー)
b0198361_8373936.jpg

★★★☆
シーフード/アメリカ北西部料理
Seatown Snack Bar     [前の訪問記へ]
2010 Western Ave
Seattle, WA 98121
206-436-0390

Tom Douglas氏の一番新しいレストランSeatown Snack Barで、またランチを食べてきた。

たくさんチョイスがあったので悩みに悩んだ結果、今回はビーフのポットパイを注文。ポットパイはかなり重たいので、普通のレストランでは注文しないんだけど、Tom Douglas氏のレストランでどんなポットパイが食べられるかすごく興味があったので、頼んでしまった。

手のひらよりももっと大きなパイが出てきてまずビックリ。フォークで突き崩すと、ハーブの香りが一気に立ち上ってくる。中のビーフはサイコロ状に切ってあって、柔らかな身はハーブの味をまとっていて、素晴らしく美味しい。田舎料理っていうのかな、すごくホッとする味だけど、今まで食べたどこのポットパイよりも美味しかった。ただやっぱりこのサイズと味の重さの相乗効果で、結局1/3くらい残してしまうことになったのが残念。でも寒い一日にはピッタリのランチだった。

b0198361_8374249.jpg
Roast Beef Rubbed 'With Love' Pot Pie ($15)


Seatown Snack Bar: [前の訪問記へ]
by seafoodie | 2011-03-06 00:00 | シアトル
Nettletown (ネトルタウン)
b0198361_8131068.jpg

★★☆☆
フュージョン料理
Nettletown
2238 Eastlake Ave E
Seattle, WA 98102
206-588-3607

家の近くのNettletownにまた何度か行く機会があったので、そのご紹介。

この間行ったときに気になっていたエルク・ミートボール・サンドイッチを注文した。エルクの肉を薄いハンバーグのようなパティにしてあって、ニンジンと玉ねぎ、それにレモングラスが山ほど挟んである。エルクの肉は獣臭さは全くなくて、鹿肉のような野趣が微かに感じられてとても美味しい。ボリュームたっぷりだったけど、全部食べられてしまった。Baguette Boxのサンドイッチに迫る美味しさだけど、ちょっとそこまでは到達してないかもしれないな。

b0198361_8131562.jpg
Lemongrass Elk Meatball Sandwich ($8.50)

また違う日にはKnoepfli(クノップフリ)を注文。これはシュペッツェルと同じなんだけど、スイスではこう呼ばれているらしい。ここのシェフはスイス人と中国人のハーフらしいんで、それぞれの文化からのヌードルがメニューに並んでいて面白い。この料理、一口食べて、焼うどんだ!と思った(笑)。キャベツとネギ、玉ねぎ、それに醤油のようなソースで炒めてある味は、このクノップフリのモチモチ感も手伝って、まさに焼うどんの食感だった。これは心から美味しいと思った。息もつかずにバクバク食べちゃったもん。クノップフリには卵やベーコン、ブラットブルストを載せることができるんだけど、今回はブラットブルストを載せてみた。このブラットブルスト、味自体はハーブが効いていてとても美味しいんだけど、なんとなくドライだったので、全部食べきることができなくて残念。今度は卵を載せてみることにしようかな。

b0198361_8131953.jpg
Nettletown Knoepfli with Rain Shadow Meats Bratwurst ($11)

このNettletown。最初の印象はイマイチだったんだけど、クノップフリで一気に挽回した感じ。とても美味しかったので、またクノップフリをお昼に食べに行きたいと思っている。
by seafoodie | 2011-03-04 00:00 | シアトル
Blueacre Seafood (ブルーエイカー・シーフード)
b0198361_7441285.jpg

★★½☆
シーフード
Blueacre Seafood
1700 7th Ave
Seattle, WA 98101
206-659-0737

以前Oceanaireがあった場所にオープンしたのが、このBlueacre Seafood。シェフ/オーナーはSteelhead DinerのKevin Davis氏。彼はOceanaireで5年もエキュゼクティブ・シェフとして働いていた人で、結果的にこの場所にオーナーとして戻ってきたことになる。

内装はOcenaireの雰囲気そのままといった感じだけど、少しだけカジュアルになった気がする。テーブルや椅子のデザインを変えたのかな?

今月はシアトルで Dine Around Seattle が催されているので、選ばれたレストランでは3コースのランチが$15、ディナーが$30で食べられる。Blueacreもこのイベントに参加しているので、僕もその$15ランチを食べることにした。

まずアペタイザーはガンボ。これはSteelhead Dinerのスペシャルティらしい。ちょっとだけスパイシーなこのガンボは、お米がタップリと入っていてなかなか美味しい。でも少しだけ腰が弱い気がするなぁ。Kingfish Cafeの、どっしりとしたガンボの味を知っているからなのかもしれないけど、なんとなくスープっぽい印象を受けたことは否めない。

b0198361_7441689.jpg
Duck & Andouille Sausage Gumbo

メインコースにはRockfish(メバル)を頼んだ。スパイスを擦り込んで焼いてあって、サルサのようなソースがかけてある。その上にはアボガドのサラダ。これにコーンのトルティーヤがついてきた。Rockfishは、なんとなくタラのような食感のする白身魚。スパイスが擦り込んであるんだけど、そんなにスパイシーな感じはない。「サルサ」も辛さは全くなく、トマトベースのソースといった感じ。スパイスとソースがうまく噛みあっている感じで、白身魚にもよく合う。でもこれもまたなんとなく腰が弱い気がする。魚自体の味が結構繊細なもんだから、ソースがちょっと勝ってしまっている感じだし。トルティーヤに巻いて食べるのも面白いけど、巻くと余計に味が弱く感じてしまう。美味しいことは美味しいけど、これといった特色がない一品だったなというのが率直な感想。

b0198361_7441947.jpg
Spice Rubbed Alaskan Rockfish

デザートはチョコレートムース。パフェのグラスに山盛りになって入ってきてゲゲッと思っちゃった。チョコレートの香りと味も申し分なく、ほどよい甘さでなかなかな感じ。さすがに全部は食べられないんで、半分くらい残してしまったけど。

b0198361_7442325.jpg
Bittersweet Mousse au Chocolate

結果的に、可もなく不可もなくといった感じの経験だった。Dine Around Seattleの一環だったからなのかな? Oceanaireは価格こそ高かったけど、シーフードの美味しさはかなりのレベルだったので、Blueacreには期待しすぎていたのかもしれないな。またもう一度くらい行ってみたい場所ではある。
by seafoodie | 2011-03-01 00:00 | シアトル