シアトル近辺の美味しいレストラン食べ歩き
by seafoodie
プロフィール
シアトル在住のAlexです。美味しいものが大好きなので、レストラン訪問記をまとめてみました。

サイトの意図や星づけに関しては、はじめにをお読みください。

シアトルのレストランをお探しの方は、下の「カテゴリ」の中から [一覧] シアトル をお選びください。

日記はこちら
カテゴリ
全体
はじめに
[一覧] シアトル
[一覧] 北アメリカ
[一覧] ヨーロッパ
[一覧] アジア
[一覧] 南アメリカ
[一覧] オセアニア
シアトル
北アメリカ(シアトル以外)
ヨーロッパ
アジア
南アメリカ
オセアニア
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2005年 12月
2005年 08月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 08月
2004年 04月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2001年 01月
検索
その他のジャンル


<   2010年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧
Tamura (たむら)
b0198361_643287.jpg

★★★☆
日本料理
Sushi Kappo Tamura     [次の訪問記へ]
2968 Eastlake Avenue East
Seattle, WA 98102
206-547-0937

家の近くに新しい日本料理の店がオープンしたというので行ってきた。シェフはフリーモントでChiso(馳走)というレストランを出していた人。Chisoには僕も一度行ったことがあるんだけど、そのときに頼んだちらし寿司がとてもしょっぱくて(最初から醤油がたくさんかかってた)、それ以来行ったことがなかった場所。でも日本人の間では結構評判の高かった場所らしい。Seattle Timesで以前レストラン評論家をやっていたNancy Lesonも、Chisoのファンだったみたい。

TamuraはEastlake Avenueに新しくできたコンドミニアムのビルの一階にある。とてもシンプルでエレガントなインテリアなんだけど、天井のモコモコとした断熱材がすごく気になった。たぶんこれもインテリアの一部として考えなきゃいけないんだろうけど、あのモコモコがなかったらどんなにいいことかと、店にいる間中ずっと考えていた。他のインテリアがかなり綺麗だから、余計に目についてしまう。大がかりな工事でもしない限りあのモコモコは取り除けないだろうから、まあ無理なのかな。

ここではまず、おまかせメニュー($60)を頼んでみた。

最初に出てきたのはハニーデュー・メロンのジュースにレモンを加えたものらしい。ほどよい甘さと、ほんのヒント程度の酸味で、口の中の味覚をリセットしてくれる。でもこれ、おまかせメニューの一品としては軽すぎるんじゃないかという印象を受けた。アミューズの位置づけ、サービスの一品ならともかく、$60の中の一品としてはどうだろう?

b0198361_643069.jpg

次のコースは、エビ、カボチャ、茄子なんかの煮物を冷やして、冷たい出汁をかけてあるもの。これは日本人の心!といった感じの一品で、とても美味しかった。出汁が薄味なだけ、材料の味をよく感じることができて、この暑い一日にはピッタリの料理だった。

b0198361_643014.jpg

お次はサーモン。紅鮭の幽庵焼き。これは醤油、味醂、酒に柚子を加えた漬け汁に漬けておいた鮭を焼いたもの。美味しいことは美味しいんだけど、これは味が薄すぎる感じがする。確かに時々フッと柑橘系の香りが漂うんだけど、それはとても微かなもの。ほどよい甘さは感じるんだけどな。醤油を少しだけたらすことによって、美味しく食べることができた。もうほんの気持ちだけ味が濃くてもよかったんじゃないかな。

b0198361_643111.jpg

次はアヒルの胸肉の塩煮に、柚子胡椒とネギが乗っているもの。アヒルの胸肉はとてもジューシーで、柚子胡椒とよく合う。アヒルの胸肉の性格の強さと、柚子胡椒の辛さがマッチしてるんだろう。ただ、量が多すぎ! 食べているうちにアヒル独特の匂いが鼻についてくる。僕も同行人も、半分くらい残してしまった。

b0198361_64327.jpg

次のコースは、寿司の盛り合わせ。これは普通に美味しかった。ただ、この写真で一人前なので、これもちょっと量が多かった気がする。まぁアメリカ人はたくさん食べる人が多いから、これくらいでも少ないって人がいるのかもしれないなぁ。

b0198361_643257.jpg

デザートは、アジア風パンナコッタといった感じのもの。アーモンドのカスタードにシロップがかかっていて、それにゴジ・ベリー(赤いやつ)とロンガンが入っている。最初にこれが来たときには、なんだこりゃ?って思ったけど、主役のカスタードは一番下に隠れてるんだよね。透明な容器に入ってきたらもっと綺麗だったんじゃないかなぁ。でもとても美味しかった。コジ・ベリーとかロンガンとかって食べたことがなかったんだけど、不思議な食感だったな。東南アジア系のエキゾチックさを醸しだしていて、これには感心した。

b0198361_643219.jpg

全体的に美味しいことは美味しかったんだけど、これで$60はどうかなあ。Nishinoでは同じ$60で8コースの料理が楽しめる。Tamuraでは、最初のジュースは有って無きようなものだから、正味5コースでしょ? Nishinoのおまかせを知っていると、「え? これだけ?」って感があることは否めない。アヒルと寿司のコースの分量を半分くらいに減らして、あと2品ほど多くしたらもっと楽しめるんじゃないかなぁと思った。

クオリティは高いと思うので、今後に期待したい場所。今度行くときにはアラカルトを注文してみたい。

Sushi Kappo Tamura: [次の訪問記へ]
[PR]
by seafoodie | 2010-07-23 00:00 | シアトル