シアトル近辺の美味しいレストラン食べ歩き
by seafoodie
プロフィール
シアトル在住のAlexです。美味しいものが大好きなので、レストラン訪問記をまとめてみました。

サイトの意図や星づけに関しては、はじめにをお読みください。

シアトルのレストランをお探しの方は、下の「カテゴリ」の中から [一覧] シアトル をお選びください。

日記はこちら
カテゴリ
全体
はじめに
[一覧] シアトル
[一覧] 北アメリカ
[一覧] ヨーロッパ
[一覧] アジア
[一覧] 南アメリカ
[一覧] オセアニア
シアトル
北アメリカ(シアトル以外)
ヨーロッパ
アジア
南アメリカ
オセアニア
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2005年 12月
2005年 08月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 08月
2004年 04月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2001年 01月
検索
その他のジャンル


Au Passage (オー・パッサージュ)
b0198361_847582.jpg

★★★½
フランス料理/小皿料理
Au Passage
1bis Passage Saint-Sébastien
Paris, France
+33-1-43-55-07-52

Au Passageは、かなり人気の高い小皿料理の店。日本の居酒屋の感じで、ワインを飲みながら料理をみんなでシェアして食べるってことができるのが嬉しい。

料理は、黒板に書かれたものから選ぶ。全部フランス語なのでちょっとは単語を知ってなきゃいけないけど、店の人は英語もできるみたいなので、尋ねるときちんと説明してくれる。ずらずらと料理法とかは書かれてなくて、シンプルに何を使ってあるかだけが書いてあるのも嬉しい。

b0198361_848171.jpg
メニューは黒板に書かれたものだけ

まずはテリーヌ。これはウサギ肉だったかな。Au Bon Accueilで食べたものとは全然性格が違うけど、味わい深くてとても美味しい。ワインにはピッタリのおつまみだ。

b0198361_848488.jpg
Terrine (€7)

次はホタテ。綺麗なラディッシュの薄切りの下に、生のホタテの薄切りが置いてある。オリーブオイルのいい香りのするホタテはとても甘く爽やか。ラディッシュの新鮮な緑の風味も加わって、とてもオシャレな感じ。

b0198361_8481169.jpg
St jacques, radis & soja (€9)

ロブスターのアランチーニは、外はサックリ、中はホクホク。カニクリームコロッケのような風味の中から、ロブスターの味が溢れ出してくる。そのままでももちろん最高に美味しいけど、ホースラディッシュの入ったマヨネーズをつけて食べてもグッド。

b0198361_8482572.jpg
Arancini au homard (€9)

グリーントマトはサフロンのアイオリつき。酸味だけが出しゃばることはなく、とてもまろやかな風味を楽しむことができた。

b0198361_8482890.jpg
Tomate verte, aioli au safran (€7)

シャントレル・マッシュルームに卵の黄身を載せたもの。シャントレル・マッシュルームは、秋の味覚として僕は大好きなんだけど、その素晴らしい風味に黄身がまぶさると、その美味しさが何倍にも増幅されてしまう。黄身っていうのは、つくづく不思議な食材だと思う。ワインにとてもよく合って、最高だった!

b0198361_8483137.jpg
Chanterelle & jaune d'oeuf (€11)

最後は豚肉に、アーティチョークとポテトがついたもの。豚肉はとてもジューシーに調理してあって、かなり抑えた味付けだったので、豚の肉汁の味を存分に楽しめた。豚肉は脂の味と香りが素晴らしいので、薄化粧が一番いいと思う。

b0198361_8483478.jpg
Cochon, topinambaw & pomme de terre (€13)

いやはや、最初から最後まで心から楽しめた。客でいっぱいの店内は、とてもエネルギッシュにワイワイガヤガヤ。僕らは予約しておいたからよかったけど、かなりの人が店の入口や外で待ってたみたい。ここは友達と何人かで行って、ワイワイ楽しむのがいい感じの場所。なんだか日本の居酒屋の雰囲気がちょっと懐かしくなってしまった。
[PR]
by seafoodie | 2015-10-23 19:00 | ヨーロッパ
<< Pirouette (ピルエット) Septime (セプティム) >>