シアトル近辺の美味しいレストラン食べ歩き
by seafoodie
プロフィール
シアトル在住のAlexです。美味しいものが大好きなので、レストラン訪問記をまとめてみました。

サイトの意図や星づけに関しては、はじめにをお読みください。

シアトルのレストランをお探しの方は、下の「カテゴリ」の中から [一覧] シアトル をお選びください。

日記はこちら
カテゴリ
全体
はじめに
[一覧] シアトル
[一覧] 北アメリカ
[一覧] ヨーロッパ
[一覧] アジア
[一覧] 南アメリカ
[一覧] オセアニア
シアトル
北アメリカ(シアトル以外)
ヨーロッパ
アジア
南アメリカ
オセアニア
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2005年 12月
2005年 08月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 08月
2004年 04月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2001年 01月
検索
その他のジャンル


Septime (セプティム)
b0198361_5591894.jpg
★★★★
フランス料理
Septime
80 Rue de Charonne
Paris, France
+33-1-43-67-38-29

Septimeは、パリのどのグルメガイドでも絶賛されているミシュラン一つ星レストラン。シェフのBertrand Grébaut氏は、ずっとミシュラン三ツ星を保ち続けているレストランL'Arpègeで経験を積んだ人。

人気が高いだけあって、予約を取るのが本当に難しい。ディナーの予約はほとんど無理で、ランチもインターネットで受け付け開始直後に予約しないと、30分で満席になってしまう。今回は受け付け開始の瞬間にアクセスしたので、開店の12:30にランチの予約を入れることができた。

店には看板も何も出ていない。ただ名刺とメニューがガラス窓に貼ってあるだけ。店内は木の椅子とテーブルが並べられていて、素朴で気の張らない感じがいい。

b0198361_5592243.jpg
店内はとても質素。後で気づいたけど、この真ん中で右を向いてる人、Bertrand Grébaut氏だったかも!

メニューは自分で選ぶことのできる3コース€30と、シェフのオススメ6コース€60しかない。ミシュラン一つ星で、この値段で食べられるってのはかなりお買い得。そうそう行く機会もないので、6コースの方を頼むことにした。

最初のコースは、ブリームという鯛の仲間の魚。最初は葉っぱで隠されてたんだけど、それを横によけると綺麗なピンク色の身が現れた。フランス料理で刺身のコースがあるなんて珍しいよなぁ。ゴマ油を使ってあるのかな、ゴマの香りが魚の甘さによく合って最高に美味しい。ここまでだと日本料理にも感じられるけど、一緒についてきたフォマージュ・フレ(クリームチーズ)を載せて食べると、ガラッと洋風の味になるから面白い。変にいじりすぎないで、素材の美味しさで勝負!っていう感じの一品だった。こういうの、僕は大好きだ。

b0198361_5592552.jpg
Daurade crue, sésame et fromage frais

次はキノコにサバヨンがかかったもの。これは前のコースに比べるともっと手を加えてる方なんだけど、マッシュルームの美味しさが素直に引き出されていて、笑顔になってしまう味。重すぎず、軽すぎず、全く文句のつけようのない味だった。この洗練された味がすごい。なるほど人気のある店なわけだ。

b0198361_5592728.jpg
Champignons, sabayon à la flouve et noix

3皿目は、イカをグリルしたもの。ナスターチウムのソースがかかってきた。イカからはとても香ばしい匂いが漂っていて、ナスターチウムのソースがそれに少し酸味を与えていたように思う。イカが少し切りにくかったことを除けば、とても素晴らしい一品だった。ナスターチウムといえば、コペンハーゲンのRelæで食べたことを思い出すなぁ。

b0198361_5593039.jpg
Encornet de ligne grille, vert de capucine

メインは牛の頬肉のコンフィ。弾力のある肉は、噛みしめると旨みがいくらでも口に溢れ出てくる。アンチョビのクリームを少しつけて食べると、また全然違った料理のようになるから面白い。アンチョビのちょっとした魚臭さが、こんなにもビーフとよく合うなんて思ってもみなかった。本当に繊細さと豪快さが共存している感じの一品だった。

b0198361_5593374.jpg
Joue de boeuf confite, anchois

デザート第一弾はイチジクのアイスクリーム。軽いイチジクの味わいで、甘すぎることもなく、とても上品な一品だった。

b0198361_5593658.jpg
イチジクのアイスクリーム

最後はモンブラン。ナッツとメレンゲが下に敷いてある。栗のクリームは本当に甘さ控え目なので、栗の味がじっくりと味わえて楽しい。ほとんどの甘さは下に敷いてあるメレンゲから来ているみたい。細かく砕いてあるし軽い感じなので、全体的にしつこさが一切ない。こんなに洗練されたモンブランは生まれて初めてだ。甘党の人には少し物足りないかもしれないけど、僕にとっては人生で最高のデザートの一つだった。

b0198361_559387.jpg
Mont Blanc

いやー、本当に美味しかった! すごい人気も伊達じゃない。シンプルで、素材の良さを目いっぱい引き出そうというシェフの方向性は、どことなく日本料理の真髄と似通うところがあるかもしれない。パリに行くときにはリピートで通いたい場所だなぁ。
[PR]
by seafoodie | 2015-10-22 12:30 | ヨーロッパ
<< Au Passage (オー・... Au Bon Accueil ... >>