シアトル近辺の美味しいレストラン食べ歩き
by seafoodie
プロフィール
シアトル在住のAlexです。美味しいものが大好きなので、レストラン訪問記をまとめてみました。

サイトの意図や星づけに関しては、はじめにをお読みください。

シアトルのレストランをお探しの方は、下の「カテゴリ」の中から [一覧] シアトル をお選びください。

日記はこちら
カテゴリ
全体
はじめに
[一覧] シアトル
[一覧] 北アメリカ
[一覧] ヨーロッパ
[一覧] アジア
[一覧] 南アメリカ
[一覧] オセアニア
シアトル
北アメリカ(シアトル以外)
ヨーロッパ
アジア
南アメリカ
オセアニア
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2005年 12月
2005年 08月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 08月
2004年 04月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2001年 01月
検索
その他のジャンル


Alle Corone (アッレ・コローネ)
b0198361_844823.jpg

★★★☆
イタリア料理
Alle Corone
Calle Fava, 5527
Venezia, Italy
+39-041-523-2222

Alle Coroneは、ヴェネツィアでも高級ホテルの一つとされる、アイ・レアーリの中にあるレストラン。ホテルの入口からレストランの中まで、落ち着いた高級感が半端ない。隣のバーからは静かなピアノが聞こえてきて、とても居心地がいい。サン・マルコ広場の辺りの混雑ぶりを考えると、まるで違う街に来たかのように思える。

席に着いてアペリティフを飲んでいる最中に、アミューズ・ブーシュ的な一品が運ばれてきた。卵を半分に切ったものを、トマトソースの中に入れただけのシンプルなもの。トマトソースはとても軽く、卵の味をとても高級な感じに変えてくれていた。こんな風な軽いアミューズは嬉しい。いきなり揚げ物とかが運ばれてくると、個人的にちょっと引いてしまう。

b0198361_844111.jpg
アミューズは卵がトマトソースに浸ったもの

同行人と二人でシェアしたアペタイザーは、チケッティでよく使われるようなシーフードを集めたもの。ヴェネツィアならではのシーフードが、一つの皿に所狭しと並んでいる。これは普通に美味しいとしか言いようがなかった。それほど凝った味付けをしてあるわけでもないし、シーフードの本来の味を楽しんでもらおうというのがテーマらしい。美味しかったけど、ちょっと平凡すぎる気がしたかな。例えばタコは薄く焼いたトーストの上に載ってとか、一つひとつチケッティらしい工夫をしてあればもっと楽しめたのに。値段も値段なので、もう少し想像力を使ってほしかった。

b0198361_8441451.jpg
The flavors of Venice: royal starter of “cicchetti” with the fish of the market (€23)

また二人でシェアしたパスタのコースは、シーフードのパッケリ。かなり大きなチューブ状のパスタの上には、シーフードのソースがかかっている。美味しいんだけど、ちょっと重い。このシーフードのソースが、全体を鈍重な味にしてしまってる気がする。ソースに使われている帆立や貝はとても美味しいんだけどなぁ。個人的に酸味はあまり好きじゃないんだけど、このソースにはレモンとかを使って、もう少し軽い味わいにしてほしかった。あまりにも重かったので、パスタを一つ食べてもうギブアップしてしまった。

b0198361_8441736.jpg
Paccheri pasta (larget tube) with seafood (€19)

僕のメインは、カリフラワーをピュレにした上に、ピスタチオを纏ったターボットという魚が乗ったもの。これは普通に美味しかったな。感動するほどでもないけど、特にとりたてて不満があるわけでもない。でもこのクラスのレストランにしては、ちょっと平凡な気がしたなぁ。ターボットの身はホクホクしていて、ピスタチオの風味と良く合ってた。でもそれだけなので、食べていると飽きが来てしまう。三枚重ねてあったけど、一枚半食べたところで、もう十分って感じだった。

b0198361_8442066.jpg
Pistachi-crusted turbot fillet with cauliflower cream and sautéed baby spinach (€28.50)

同行人は仔豚を注文。上には黒トリュフの薄切りがかかってきた。仔豚肉はジューシーで美味しい。トリュフもそれほど出しゃばらずに、さりげなく香る程度だったのがよかった。及第点の味なんだけど、でもこれもちょっと飽きがくる味なんだよなぁ。このレベルのレストランということで、ちょっと期待し過ぎていたんだろうか?

b0198361_8442254.jpg
Slow-roasted boneless baby pig with cabbage, mashed potatoes and black truffle (€28)

最初から最後まで結構残してしまったので、サーバーに心配されてしまった。こういうところはやっぱり一流ホテルのレストランだけのことはある。お腹がいっぱいなだけだと安心してもらって、デザートはいらないということを伝えると、プチ・フール的なものを出してくれた。嬉しいんだけど、やっぱりお腹がいっぱいなので、一つか二つ食べるだけでギブアップしてしまった。

b0198361_8442553.jpg
プチ・フール

美味しかったことは美味しかったけど、少し鈍重的な味付けと、想像力の欠如が悔やまれたなぁ。
[PR]
by seafoodie | 2015-10-10 19:00 | ヨーロッパ
<< Konoba Matejušk... Trattoria al Ga... >>