シアトル近辺の美味しいレストラン食べ歩き
by seafoodie
プロフィール
シアトル在住のAlexです。美味しいものが大好きなので、レストラン訪問記をまとめてみました。

サイトの意図や星づけに関しては、はじめにをお読みください。

シアトルのレストランをお探しの方は、下の「カテゴリ」の中から [一覧] シアトル をお選びください。

日記はこちら
カテゴリ
全体
はじめに
[一覧] シアトル
[一覧] 北アメリカ
[一覧] ヨーロッパ
[一覧] アジア
[一覧] 南アメリカ
[一覧] オセアニア
シアトル
北アメリカ(シアトル以外)
ヨーロッパ
アジア
南アメリカ
オセアニア
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2005年 12月
2005年 08月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 08月
2004年 04月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2001年 01月
検索
その他のジャンル


Quinzi & Gabrieli (クインズィ・エ・ガブリエリ)
b0198361_66989.jpg

★★½☆
イタリア料理/シーフード
Quinzi & Gabrieli
Via delle Coppelle, 5
Roma, Italy

このレストランはガイドブックには載っていなかったもののZagat Surveyで結構高得点を獲得していたので、友達に予約してもらっていた場所。屋外にも席があったみたいだけど、僕たちは屋内の席に通された。注文してすぐに出てきたのが、Sea Bassとトマトが上に乗ってるお通しのクロスティーニ。爽やかな味で美味しかった。でもやっぱり3つ星レストランのような感動はないけどね。

b0198361_661183.jpg
お通しのクロスティーニ

 僕はアピタイザーにクラム、母はシーフードサラダを注文。出てきたサイズにビックリ。一つの皿で二人を食べさせることのできる量が乗ってる。注文したときに量が多いだろうって言えよな~。僕のクラムはシアトルのどこでも食べることのできるような味で、これといって特徴はなかった。さしたる不満もないんだけど、んーこれが評判のレストランの味?って感じのもの。母のシーフードさらだはとても新鮮な感じで美味しかったけど。そっちの方にもクラムが乗ってて、その方が美味しいでやんの。うーむ。

b0198361_661310.jpg
クラムはなんだかふつーの味

b0198361_661640.jpg
シーフードサラダも感動が少ない

 次は子蛸の入ったペネを二人でシェア。一口食べてみると、パスタが固い。半分に噛み切ると中心に白い円が見える。明らかに火が通りきってない。唖然としちゃったね。サーバーを呼んでそれを見せて、「これってこういうもんなの?」と聞いてみると、「そんなことはありません。取り替えます」とのこと。10~15分後くらいにちゃんとしたものを持ってきてくれたんだけど、サーバーは一言も謝らないんだよな。今度はちゃんと中心まで火が通ってるけど、味がとても濃い。これは前も濃いと感じたんだけど。ピリッとした辛さはいいとして、それを覆い隠してしまうかのような塩味。パリで食べた濃い味の料理たちを思い出す。んー、なんかこの店、入ってからこのかた点数が下がりっぱなしなんですけど。

b0198361_661846.jpg
ペネが中まで煮えてない!!

 メインは僕も母も、ロブスターのカタラン風というのを頼んでみた。ところが待っても待っても出てこない。もう以前の皿を食べ終わって20分以上経ってるぞ。僕の背中側の通路の横にちょっとした調理場があるんだけど、ここは戦場みたいだった。オーナーの一人らしい小太りのおじさんとコックの一人が言い争いをしていたり、そのおじさん自らフライパンから皿にパスタを取り分けてたりとか、サーバー一人一人見ていても、どうもアタフタしている雰囲気が感じられる。もしかするとコックの何人かが休むか辞めるかしてしまって、調理が注文に追いついてなかったんだろうか。トイレに立って帰ってくるときに、汚れた皿を抱えた給仕が急いで狭い通路に入ってこようとしていて、こっちのことを待っていてくれるような気配もないもんだから、そいつのことを通すために客である僕の方が避けなきゃいけなかったのは、もう笑う以外なかった。なんだかこの店、歯車が狂ってる。今夜だけのことなのか、それともいつものことなのか。30分近く経過して、ようやくロブスターが運ばれてきた。

 ロブスターは茹でて、オリーブオイルを主にしたソースをザッとかけて、プチトマトを一緒に盛っただけのシンプルなもの。大きな皿から自分たちで取り分けて食べる。んー、美味しいことは美味しいんだけど全く感動がない。こんなんだったら家で作った方が美味しいよ。レストランでは家で食べられないようなものを食べさせてもらいたいじゃん? ましてや30分近く待ってのこと。その間なんの説明も謝辞もなし。店全体がアタフタしているピリピリした空気に包まれて、これで美味しい食事ができる人はちょっとおかしいと思う。

b0198361_662098.jpg
ロブスターは美味しいことは美味しいけど…

 あまり食べずにすぐにチェックを頼んだからかどうかわからないけど、デザート代わりにどうぞと言ってデザートワインを注いでくれた。まあまあのデザートワインだったけど、甘さがとてもくどい。それにこんなもんで今までの無礼が許されると思ったら大間違い。あー、もう今夜のレストランは大失敗だった! 期待が大きかっただけに、落胆も大きい。まあいつもいつも大成功とはいかないのが世の常なのかもしれないけど、ここまで色々と不備のある場所も珍しいかも。料金は二人で€225。金を盗まれたかのような気になってしまった。
[PR]
by seafoodie | 2004-04-24 20:00 | ヨーロッパ
<< La Terrazza del... Enoteca Pinchio... >>