シアトル近辺の美味しいレストラン食べ歩き
by seafoodie
プロフィール
シアトル在住のAlexです。美味しいものが大好きなので、レストラン訪問記をまとめてみました。

サイトの意図や星づけに関しては、はじめにをお読みください。

シアトルのレストランをお探しの方は、下の「カテゴリ」の中から [一覧] シアトル をお選びください。

日記はこちら
カテゴリ
全体
はじめに
[一覧] シアトル
[一覧] 北アメリカ
[一覧] ヨーロッパ
[一覧] アジア
[一覧] 南アメリカ
[一覧] オセアニア
シアトル
北アメリカ(シアトル以外)
ヨーロッパ
アジア
南アメリカ
オセアニア
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2005年 12月
2005年 08月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 08月
2004年 04月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2001年 01月
検索
その他のジャンル


Fem Små Hus (フェム・スモー・フース)
b0198361_8545047.jpg

★★½☆
スウェーデン料理
Fem Små Hus
Nygrand 10
Stockholm, Sweden
46-8-108775

Fem Små Husは、ストックホルムのガムラ・スタン(旧市街)でも有名な老舗レストランの一つ。店名は「5つの小さな家」という意味で、5つの建物が中で繋がっているらしい。さすが老舗と思わせるインテリアで、高級感がありながらも、どことなく暖かな雰囲気を演出していた。

b0198361_8545212.jpg
高級だけど家庭的な店内

僕のアペタイザーはアンチョビと卵のサラダ。これはいたって普通な感じ。フィッシュケーキとポテトサラダの中間かな。お約束のようにディルの風味がするのは、スカンジナビアならではのこと。でもちょっとこの風味には飽きがきた気がする。下にあるのはクラッカーのような感じで、ナイフで切ろうとするとバラバラに砕けてしまう。もっと食べやすい方法があると思うんだけど…。

b0198361_8545469.jpg
Anchovy and Egg Salad with Crisp Bread (140SEK)

同行人のアペタイザーはエルク。生のままソースに漬け置きして、カルパッチョのような感じになっている。上にかかっているのはサワークリームとロケット(アルグラ)から作られたソース。口に入れた瞬間に、フルーティーな甘さを感じて、その後肉の旨みが口に広がる。この甘味は漬け置きソースから来てると思うんだけど、エルクの性格の強い味によく合ってる。性格は強いんだけど、野生の臭さはないんだよな。これはとても美味しいと思った一品だった。

b0198361_8545755.jpg
Marinated Elk with Basil and Rocket Dressing (175SEK)

僕のメインは仔牛肉。「アナ・リンドベルグ」という名前のこの料理は、このレストランが開いた当時にオーナーだった女性の名にあやかっているとのこ。この店の名物料理の一つで、1969年からずっとメニューに載っているものらしい。中は濃いピンク色で完璧な焼き上がりの仔牛のヒレ肉は、肉汁がたっぷり。モレルマッシュルームの香りのするクリーミーなソースに、柔らかな風味の肉の味が本当によく合う。感動するほどではないけど、「美味しい!」と素直に言える家庭料理といった感じだった。

b0198361_8545912.jpg
Fillet of Veal Anna Lindberg with Morel Sauce and Potato Gratin (295SEK)

同行人はトナカイのヒレ肉を注文。こちらは仔牛肉とは打って変わってドッシリとした味。鹿肉のようだけど、ほんの少しだけ風味が違う気がする。これも野生の臭みは全くなし。このドッシリとした旨みには、シンプルな赤ワインのソースで十分。なるほど、これがスウェーデンの味なんだねと納得させてくれる感じだった。

b0198361_855144.jpg
Fillet of Reindeer, Potato and Parsnip Purée and Red Wine Sauce (335SEK)

「感動」こそは少ないけど、しっかりと丁寧に伝統料理を伝えている感じで、老舗レストランとしてはとても高レベルだと思った。サービスもよかったし、なにより階段の多い店内の雰囲気が、さすがに昔ながらといった感じでよかった。
[PR]
by seafoodie | 2014-07-28 19:00 | ヨーロッパ
<< Oaxen Slip (オアク... Rataskaevu 16 (... >>