シアトル近辺の美味しいレストラン食べ歩き
by seafoodie
プロフィール
シアトル在住のAlexです。美味しいものが大好きなので、レストラン訪問記をまとめてみました。

サイトの意図や星づけに関しては、はじめにをお読みください。

シアトルのレストランをお探しの方は、下の「カテゴリ」の中から [一覧] シアトル をお選びください。

日記はこちら
カテゴリ
全体
はじめに
[一覧] シアトル
[一覧] 北アメリカ
[一覧] ヨーロッパ
[一覧] アジア
[一覧] 南アメリカ
[一覧] オセアニア
シアトル
北アメリカ(シアトル以外)
ヨーロッパ
アジア
南アメリカ
オセアニア
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2005年 12月
2005年 08月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 08月
2004年 04月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2001年 01月
検索
その他のジャンル


Lark (ラーク)
b0198361_5505823.jpg

★★★½
アメリカ北西部料理
Lark     [前の訪問記へ]
926 12th Ave
Seattle, WA 98122
206-323-5275

キャピトル・ヒルにあるこのLarkは、シアトルの僕のお気に入りレストランの上位に入る店なんだけど、ここでお腹いっぱい食べようとするとどうしてもちょっと高くついてしまうので、ここのところ随分行っていなかった。、メニューで一番高いのは$25とそれほどでもないように思えるんだけど、量が少ないので、二人でお腹いっぱいになるには三皿くらい頼まなきゃいけないのが難点。どれを頼んでも素晴らしい美味しさなので、シェアして食べるのも面白いんだけどね。

今回はアペタイザーを二品頼んでシェアして、メインは一人一品ずつ頼むことにした。

まずアペタイザーの第一弾は、この日のスペシャルのブラータチーズ。モッツァレラチーズのような食感なんだけど、ブラータは爽やかな塩味が特徴。ミラノで初めて食べたときには感動したっけ。アメリカでもブラータを出す店が増えてはいるんだけど、本場のに比べると塩気が少なかったり、甘味をつけてあったりで、どうも満足できなかった。今回のは僕の好みど真ん中で嬉しかった! 塩味も適度で、オリーブを少しつけて食べてもとても美味しい。クルトンもついてきたんだけど、これはちょっと僕にはしょっぱすぎたかな。

b0198361_551280.jpg
ブラータチーズ

次のアペタイザーはタコとクアンチャーレ。ちょっと焦がしたような香ばしい匂いが漂っていて、とても食欲をそそる。タコは弾力がありながらも堅くはなく、噛むほどに旨みがにじみ出てきて嬉しい。それに一緒に調理してあるグアンチャーレの豚の脂の香りが最高なんだ! 下のライスも軽いトマト風味のリゾットという感じで、もう僕のツボをつきまくりだった。

b0198361_551542.jpg
Charred octopus with guanciale, piquillo peppers, Bomba rice ($19)

僕のメインはポークベリー。いわゆるアメリカ版豚の角煮ですか。でも表面のカリカリ、脂のネットリ、肉のシャッキリ感が一緒になって、素晴らしい味わいな上に、とても面白い歯触り。カリカリの表面を切るのが大変だったけど、豚の美味しさを見事に出し切った一品で、一口一口に感動してしまった。黒トリュフも使ってあるとメニューには書いてあったのに、その香りは少しもしなかった。国産の香りの弱いトリュフなのかな。でもこの料理にはトリュフは必要ない気がする。

b0198361_551780.jpg
Jones Farm pork belly, mushrooms, white beans, parsley root and black truffle ($19)

同行人のメインはフォアグラ。Rover'sやHarvest Vineのフォアグラのように、臭みは全然なく、トロリとしたフォアグラの身からは純粋な旨みだけが口いっぱいに広がる。サンチョークのペーストは爽やかな甘味で、脂のしつこさを軽減してくれるよう。やっぱりLarkの料理は素晴らしい!

b0198361_5511016.jpg
Pleasant View Farm foie gras with sunchoke, ash salt, crispy chicken skin ($22)

まいったなぁ、こんなに美味しいものばかりだと、また行きたくなっちゃうじゃないか。価格の高さもあって、それほど頻繁に行く場所ではないと思うけど、店内はシアトルでは珍しいくらいロマンチックなムードに溢れた場所なので、何かの記念日にはピッタリだと思う。ここのシェフ、色々と手を広げ過ぎないで、いつまでもLarkで素晴らしい料理を作り続けてほしいなぁ。
[PR]
by seafoodie | 2014-02-19 19:00 | シアトル
<< Shibumi Izakaya... Skillet Diner (... >>