シアトル近辺の美味しいレストラン食べ歩き
by seafoodie
プロフィール
シアトル在住のAlexです。美味しいものが大好きなので、レストラン訪問記をまとめてみました。

サイトの意図や星づけに関しては、はじめにをお読みください。

シアトルのレストランをお探しの方は、下の「カテゴリ」の中から [一覧] シアトル をお選びください。

日記はこちら
カテゴリ
全体
はじめに
[一覧] シアトル
[一覧] 北アメリカ
[一覧] ヨーロッパ
[一覧] アジア
[一覧] 南アメリカ
[一覧] オセアニア
シアトル
北アメリカ(シアトル以外)
ヨーロッパ
アジア
南アメリカ
オセアニア
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2005年 12月
2005年 08月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 08月
2004年 04月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2001年 01月
検索
その他のジャンル


Roux (ルー)
b0198361_6101641.jpg

★★½☆
クリオール/アメリカ南部料理
Roux
4201 Fremont Ave N
Seattle, WA 98103
206-547-5420

Rouxは、人気フードトラックWhere Ya At Mattのシェフ/オーナーのMatt Lewis氏がオープンした、クリオール/アメリカ南部料理のレストラン。僕はWhere Ya At Mattにはまだ行ったことがないんだけど(なーんかフードトラックって興味がないんだよなぁ)、ルイジアナ州出身のMatt Lewis氏の評判の料理を食べられる場所としてかなり注目を集めていたので、新しくオープンしてすぐに行ってみることにした。

FremontとWallingfordの中間くらいにある店は、黒を基調にしていて落ち着いた感じだけど、中はワイワイと賑やかさが溢れていた。僕たちはキッチンの目の前にあるカウンターに座った。ここからだと、美味しそうな料理がどんどん作られていくのを見ることができるので、とても楽しい。

b0198361_6102153.jpg
キッチンの目の前のカウンターは、料理好きにはたまらない

まず最初はハラペーニョ・ポッパー。ハラペーニョの中にクリームチーズとカニの身を入れて揚げてある。辛いのが結構大丈夫な僕なんだけど、これってとてつもなく辛いんですけど! あまりの辛さに、中のチーズの味もカニの味も全然見えてこない。口の中がピリピリと痛いだけで、味わいが感じられなかったのが残念。ハラペーニョだから辛いのは当たり前なんだけど、これは今まで食べた中で最上級の辛さだった。一つやっと食べたけど、残りの二つは残してしまった。ヒーヒー。

b0198361_6102427.jpg
Jalapeno Poppers, Blue Crab, Cream Cheese ($8)

アペタイザー二段目は「豚の頭」。豚の頭についている身(頬肉が多い)を集めて固めたものの上に、目玉焼きが乗っている。これはさすがに豚肉だけあって、口の中に濃厚な豚肉と脂の味が広がって見事。それにまた半熟卵の黄身がまぶさると、また味の次元が一つ増える感じ。間にグリーントマトのチャウチャウを食べると、その爽やかな酸味で味覚がリセットされる。これは心から美味しいと思えた一品だった。

b0198361_6102641.jpg
Tete de Cochon, Green Tomato Chow Chow, Hen Egg ($10)

僕のメインはジャンバラヤ。美味しいことは美味しかったけど、あまり感動はなかったなぁ。ソーセージもチキンもエビも美味しいんだけど、全体的にはごく普通な感じ。そういえば、感動するほどのジャンバラヤって、まだ巡り合えてない気がする。これは少し期待外れだったかな。

b0198361_6102810.jpg
Jambalaya, Chicken, Sausage, Shrimp ($18)

同行人はニョッキを注文。ニョッキはむっちりした歯触りで、カニの味と合って美味しかったんだけど、なぜかトリュフの香りの方向性とは違う感じがして、なんだかしっくりこなかった。ソースがハーブやレモンを使った軽い感じだからなのかな。トリュフ好きな僕が言うのもなんだけど、この料理のトリュフの存在意義が感じられなかった。ニョッキも一つ、二つ食べると飽きちゃう味なんだよね。これも残念だったなぁ。

b0198361_6103177.jpg
Gnocchi, Crab, Chanterelles, Pecorino, Black Truffle ($24)

デザートには、キッチンで頻繁に調理されていて欲しくなってしまったベニエ。やっぱり南部料理はこれがなくっちゃ! ここのベニエはニューオーリンズで食べたのと似ていて、すごく美味しかった。パウダーシュガーが山のようにかかっているけど、それが嫌味じゃなく、モッチリとしたベニエの味をふんわりと盛り上げていた。カフェオレが欲しくなってしまう美味しさ。これからベニエが食べたくなったら、ここに買いにくることにしよう。

b0198361_6103412.jpg
Beignets ($4)

メインはちょっと期待外れだった感じだけど、店も活気があったし、味もしっかりしていたので、これからが楽しみなレストランだと思う。月~金はランチも開いているらしいので、また近いうちに行って他のものも試してみたいと思う。
[PR]
by seafoodie | 2013-11-23 18:00 | シアトル
<< The Old Sage (ジ... Shanik (シャニック) >>