シアトル近辺の美味しいレストラン食べ歩き
by seafoodie
プロフィール
シアトル在住のAlexです。美味しいものが大好きなので、レストラン訪問記をまとめてみました。

サイトの意図や星づけに関しては、はじめにをお読みください。

シアトルのレストランをお探しの方は、下の「カテゴリ」の中から [一覧] シアトル をお選びください。

日記はこちら
カテゴリ
全体
はじめに
[一覧] シアトル
[一覧] 北アメリカ
[一覧] ヨーロッパ
[一覧] アジア
[一覧] 南アメリカ
[一覧] オセアニア
シアトル
北アメリカ(シアトル以外)
ヨーロッパ
アジア
南アメリカ
オセアニア
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2005年 12月
2005年 08月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 08月
2004年 04月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2001年 01月
検索
その他のジャンル


La Tana (ラ・タナ)
b0198361_9284491.jpg

★★★☆
タパス/スペイン料理
La Tana
Calle Rosario, 11
Granada, Spain

グラナダもレストランやバルに関する情報が乏しかったので、最初はTripAdvisorなんかをあてにしていた。でもAnthony Bourdainの"Parts Unknown"というCNNの番組でグラナダを広くカバーしていたので、その番組に出た場所なら間違いはないだろうという考えに至った。La Tanaはその番組の中で、Anthony Bourdainたちがバル・ホッピングするときに、最初に訪れた場所だった。

開店時間ちょうどに行ってもまだ開いてなくて、おかしいなと思っていたら、店の人が今到着してシャッターを開けるところだった。もう何人かのレギュラーっぽい客も来てて、開店直後の店の椅子下ろしとかを手伝っていた。僕らは店の準備が整った後、カウンターに陣取ってワインを頼むことにした。この時は知らなかったんだけど、さっきシャッターを開けた人はこの店のオーナーのJesúsで、店の中は彼が全て一人で切り盛りしているらしい。キッチンは彼のお姉さんとヘルプが一人いるみたい。

グラナダでは、バルで飲み物を頼むとタパスが無料で出てくる。もちろん他にメニューもあってそこからも頼めるけど、無料タパスも高レベルなものが多いので、バルをはしごしながら飲み物を頼むだけでお腹がいっぱいになるという寸法。

b0198361_9285497.jpg
タパスはよく手が汚れるので、使い終わった紙ナプキンはこのマグに入れていく

まずは白ワインを頼んで、それについてきたのがこのタパス。アボカドと玉ねぎにオイルを加えて練ってあるものをパンに載せたもの。それに白っぽいソーセージ。アボカドの脂肪の甘さが、生の玉ねぎの刺激でカウンターして、スッキリながらもとても美味しい。スペイン版グアカモーレかな。ソーセージもふんわりとした美味しさで、どんどんワインが進んでしまう。

b0198361_928567.jpg
アボカドとソーセージ

次の赤ワインと一緒に出てきたのは、酢漬けのムール貝とサルモレホ。酢漬けの酢がちょっとキツい気がしたけど、サルモレホの味ととてもよく合っていた。ただやっぱり、タパスは手が汚れるわ(笑)。

b0198361_9285931.jpg
ムール貝とサルモレホ

次のCauzonという赤ワインには、ザクロとチーズ。ザクロの方は美味しいんだけど、これをパンに載せるって無理があるよ! 一緒に噛んだ後、種を出さなきゃいけないってのが、もうすごく大変だった。味は美味しいからどんどん食べたいんだけど、種を出すのに必死になってゆっくり味わえない感じ。これは好きじゃなかったなぁ。チーズの方はフレッシュでも長期間寝かせたものでもなく、ちょうどその中間のもの。だから味わい深いけど軽い感じで、とても美味しかった。

b0198361_929179.jpg
ザクロとチーズ

Fontedeiという赤ワインには、豚肉とドライトマト。最初この黒っぽい物質が何かわからなかったんだけど、ドライトマトをオイルか何かに漬けこんだものらしい。それほど味はなかったけど、豚肉の味になんとなく風味を与えていたような気はする。

b0198361_929395.jpg
豚肉とドライトマト

お次のワインはLas Ocho。これは8種類ものブドウのブレンド品らしい。Jesúsはワインを注ぐ度に、それについてちゃんとにこやかに説明してくれる。本当にワインが好きなんだなって感じの人だ。ワインはどの種類が飛び出ることなく、まろやかな美味しさだった。

これについてきたのはレバーパテにバルサミコ酢をかけたもの。もうこの頃にはお腹が一杯になってきてしまって、これは半分くらいしか食べられなかったのが残念。臭みもなく美味しかった!

b0198361_929619.jpg
レバーパテ

もうお腹がいっぱいだということを伝えると、今度はCasa de la Ermitaの甘いワインを勧めてくれた。その後にはチーズケーキも出てきた! それほど甘くなくて、これはペロッと食べられてしまった。

b0198361_929866.jpg
チーズケーキ

いやはや、大満足。最初はバルのはしごも面白いかなと思ってたんだけど、こんな風にじっくりと味わうのも最高だった。オーナーのJesúsは終始笑顔で、本当にワインに対する意気込みが感じられる人だった。

b0198361_9291172.jpg
オーナーで、僕らにワインとタパスをサーブしてくれたJesús

僕らが帰る頃にはもう店内は満杯! やっぱり人気のある店なんだなぁ。すぐ後ろには座りたい人たちが身構えていて、ちょっと怖かった(笑)。とても気持ちのいい場所だったな。グラナダに住んでいたら、毎週何度でも通いたいバルだと思う。
[PR]
by seafoodie | 2013-10-21 20:30 | ヨーロッパ
<< Zakuro (ザクロ) El Otro Melli (... >>