シアトル近辺の美味しいレストラン食べ歩き
by seafoodie
プロフィール
シアトル在住のAlexです。美味しいものが大好きなので、レストラン訪問記をまとめてみました。

サイトの意図や星づけに関しては、はじめにをお読みください。

シアトルのレストランをお探しの方は、下の「カテゴリ」の中から [一覧] シアトル をお選びください。

日記はこちら
カテゴリ
全体
はじめに
[一覧] シアトル
[一覧] 北アメリカ
[一覧] ヨーロッパ
[一覧] アジア
[一覧] 南アメリカ
[一覧] オセアニア
シアトル
北アメリカ(シアトル以外)
ヨーロッパ
アジア
南アメリカ
オセアニア
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2005年 12月
2005年 08月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 08月
2004年 04月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2001年 01月
検索
その他のジャンル


Little Uncle (リトル・アンクル)
b0198361_7392170.jpg

★★★☆
タイ料理(今回は香港料理)
Little Uncle     [前の訪問記へ]
1509 E Madison St
Seattle, WA 98122
206-329-1503

最近アメリカでは、「ポップアップ」と呼ばれるレストランが話題を呼んでいる。これはシェフが新しいアイデアを試すために、既存のレストランや他の会場を借りて、その腕前を披露するというもの。それで客の受けがよければ、新しいレストランをオープンする可能性もある。

今回のポップアップレストランは、僕の大好きなLittle Uncleで開催。"Big Trouble in Little Uncle"と名付けられたこのポップアップは、Spinasseで副シェフだったDavid Gurewitz氏がスターシェフで、香港のストリートフードを再現したものらしい。Little UncleもSpinasseも僕の大好きな場所なので、これは間違いなく素晴らしいものになるだろう。

開店よりも10分前に着いてしまって一番最初の客だったんだけど、注文をしているうちにどんどん人が並んできて、食べ物が出てくる頃には長蛇の列になってしまっていた。4種類のメニューの全てを注文してみることにした。

まずはチーズバーガーの肉まん。日本の普通の肉まんの半分くらいの小さなもの。ポフッと噛みつくと、中からは溶けたチーズが溢れだしてきて、それが肉の味を包み込んで、なるほどこれはアジア風チーズバーガーだ! 肉には生姜の風味があるんだけど、それが全然出しゃばりすぎないで、この一品がアジア生まれなんだということを主張しているよう。フカフカの皮の味と、これがまたよく合うんだ。素晴らしく美味しい一品で、これを3つか4つ、お腹いっぱいになるまで食べたい感じだった。

b0198361_7392487.jpg
Handmade Cheeseburger Steamed Buns ($3.30)

次は「紫の芽のブロッコリー」といわれるもの。単に野菜を炒めただけのものと思いきや、不思議に後をひく、懐かしいような深い味わいにビックリした。なんだろうと思ってメニューを見てみると、腐乳(豆腐を発酵させた中華料理の材料)を使ってあるからなんだ! メニューにはハラペーニョも書いてあるけど、その味はあまり感じられない。でも口の中の隅々まで広がるような、奥行きのある味わいに恍惚となってしまう。一本も二本も取られた気がした。

b0198361_7393393.jpg
Purple Sprouting Broccoli, Fermented Bean Curd and Jalapeno ($5.50)

3品目は、米から作ったヌードルを巻いて揚げたもの。ソースはホイスン、胡麻ペーストとチリオイル。シャクッとした歯触りで、揚げてあるからか見かけによらずドッシリと感じる。ホイスンの甘さと、胡麻ペーストの香り、それにチリオイルのピリッとした辛さが渾然一体となってヌードルの旨みをバックアップ。いやはや、これも最高に美味しい。

b0198361_7393611.jpg
Pan Fried Handmade Rice Noodle Rolls with Hoisin, Sesame Paste and Chili ($5.50)

4品目は「よだれ鶏」。茹でた鶏肉に、辛いソース、ピーナッツ、セロリなんかが載ってきて、ご飯と一緒に供されたもの。臭みの一切ない鶏肉の旨みを、辛いソースの澄んだ味わいが後押しして、これまた素晴らしい味。ピーナッツのコリコリした歯触りとナッツ系の甘味が、ときどき口をリフレッシュしてくれるよう。結構辛いんだけど、これがまたご飯とよく合うんだ。こんな澄んだ味わいの一品だったら、毎日でも食べたい感じ。

b0198361_7393999.jpg
"Saliva" Chicken - Poached Chicken, with Spicy Sauce, Peanuts, Celery and Rice ($10.95)

4品が4品とも、ど真ん中のストライク! どれも大衆的な料理なんだけど、濁った味わいにならずに、どれも背骨の通った澄んだ味だったのは本当に見事。こんな美味しい中華料理は、シアトルでは食べたことがない(シアトルの中華街はあまり美味しいとはいえない場所なんだけど)。

今回はポップアップだったので、今度いつこういう料理が食べられるかはわからないけど、また近いうちにぜひ同じようなイベントをやってほしい!
[PR]
by seafoodie | 2013-04-21 12:00 | シアトル
<< Rover's (ロー... Cha:n (チャン) >>