シアトル近辺の美味しいレストラン食べ歩き
by seafoodie
プロフィール
シアトル在住のAlexです。美味しいものが大好きなので、レストラン訪問記をまとめてみました。

サイトの意図や星づけに関しては、はじめにをお読みください。

シアトルのレストランをお探しの方は、下の「カテゴリ」の中から [一覧] シアトル をお選びください。

日記はこちら
カテゴリ
全体
はじめに
[一覧] シアトル
[一覧] 北アメリカ
[一覧] ヨーロッパ
[一覧] アジア
[一覧] 南アメリカ
[一覧] オセアニア
シアトル
北アメリカ(シアトル以外)
ヨーロッパ
アジア
南アメリカ
オセアニア
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2005年 12月
2005年 08月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 08月
2004年 04月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2001年 01月
検索
その他のジャンル


Crush (クラッシュ)
b0198361_873481.jpg

★★★☆
アメリカ北西部料理
Crush     [前の訪問記へ]
2319 E Madison St
Seattle, WA 98112
206-302-7874

ここのところずっと行ってなかったCrush。以前行ったのはいつだったっけ?と調べてみたら、なんと7年半も前のことだった。Seattle Restaurant Weekで3コース$28ディナーの恩恵を被るために行ってきた。

前の訪問があまりにも昔のことだったので忘れかけてたんだけど、ここはとても雰囲気がいい場所。普通のトラディショナルな民家をレストランに改造した場所なんだけど、中はモダンなテーブルや椅子を使ってシンプルながらにエレガントな演出。以前民家だっただけに少し狭い感じもするんだけど、それだけにとてもムードがある感じで、デートなんかにはピッタリの場所だと思う。

まずアペタイザーは、カリフラワーのロースト。焼いただけなのになんでこんなに美味しいの?って感じで、僕が大好きなメニューの一つだ。ブラックオリーブを刻んだものを載せてあって、ときどきオリーブの味と香りがカリフラワーの味の奥から出てくる感じ。アイオリはほとんどクレムフレッシュといった感じで、とても軽くてカリフラワーとの相性は抜群だった。メニューにはミントって書いてあったんだけど、この載せてある葉っぱを食べてみると全然ミントじゃない。心地よい酸味が口の中に広がる。ソレルみたいな味だけど形はクローバーみたいだし、なんだろうと思ってサーバーに尋ねると、ウッド・ソレルと呼ばれるものらしい。この酸味も、カリフラワーにとても合ってたと思う。

b0198361_87373.jpg
Roasted Cauliflower with Preserved Lemon (aioli, black olives, mint)

同行人のアペタイザーはニンジンのスープ。カイエンペッパーか何かを加えてあるらしく、すっきりとした甘さの中から、ピリリと辛味が立ち上ってくる。奥底に微かにライムの酸味が感じられて、後味にはまるで花のような香りが残る。一口もらっただけなんだけど、この味の複雑さに感動してしまった。

b0198361_874026.jpg
Pressure Cooked Nantes Carrot Soup (curry, kaffir lime, almond cream)

メインは「地鶏」チキン。皮も香ばしく焼いてあって、とてもいい匂い。身には嫌な臭いは全くなく、健康そのものの鶏が目に浮かぶよう。とても美味しいんだけど、やっぱりチキンだけあって、ちょっと味は一本調子なんだよね。そこでリンゴのチャツネをつけて食べると、非凡な味に早変わり! リンゴの味が肉に加わると、なぜか豚肉を食べているような雰囲気になるから面白い。アメリカではポークにはリンゴのソースがつきものだからね。モッツァレラチーズを揚げたものはとても美味しかったけど、ちょっと付け合わせとしては個人的に重く感じた。

b0198361_874436.jpg
Black Garlic Jidori Chicken (apple chutney, fried mozzarella curds)

デザートにはアールグレイのパンナコッタ。紅茶の香りが濃厚なクリームの味の中から立ち上ってくると、恍惚となってしまう。甘さは控えめで、とても上品。下にはブラッド・オレンジのマーマレードが少し置いてあるんだけど、これは個人的には余計な気がした。酸味が舌をリセットしてくれる感じなんだけど、パンナコッタ自体がそれほど甘くないので、必要ない感じ。それでも最近のデザートの中では大ヒットだった。

b0198361_87461.jpg
Earl Grey Panna Cotta (blood orange marmalade)

うん、やっぱりCrushは自信に溢れた料理を出してくれる場所。ここは胸を張ってオススメできるレストランの一つだ。
[PR]
by seafoodie | 2013-04-10 18:30 | シアトル
<< Barrio (バリオ) 4649 (よろしく) >>