シアトル近辺の美味しいレストラン食べ歩き
by seafoodie
プロフィール
シアトル在住のAlexです。美味しいものが大好きなので、レストラン訪問記をまとめてみました。

サイトの意図や星づけに関しては、はじめにをお読みください。

シアトルのレストランをお探しの方は、下の「カテゴリ」の中から [一覧] シアトル をお選びください。

日記はこちら
カテゴリ
全体
はじめに
[一覧] シアトル
[一覧] 北アメリカ
[一覧] ヨーロッパ
[一覧] アジア
[一覧] 南アメリカ
[一覧] オセアニア
シアトル
北アメリカ(シアトル以外)
ヨーロッパ
アジア
南アメリカ
オセアニア
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2005年 12月
2005年 08月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 08月
2004年 04月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2001年 01月
検索
その他のジャンル


The Wandering Goose (ザ・ワンダリング・グース)
b0198361_843283.jpg

★★★☆
アメリカ南部料理
The Wandering Goose
403 15th Ave E
Seattle, WA 98112
206-323-9938

The Wandering Gooseは、キャピトル・ヒルのRione XIIIのすぐ隣にできた、アメリカ南部料理の店。普通は朝7時から午後4時までしか開いていない、朝食とランチ専用の店。僕はまだ行ったことがないけど、金曜日の夜だけはファミリースタイルのディナーが楽しめるらしい。

朝食メニューとビスケットサンドイッチは開店から閉店までずっと注文できるけど、もう少し重たいメニューは朝11時以降でないと注文できない。

今回は11時を過ぎていたので、メニューの「付け合わせ」の欄にある、ピメントのマカロニ&チーズをアペタイザーとして注文。ここのは普通のマカロニじゃなくて少し大きめのパスタを使ってるみたいだけど、そのパスタがネットリと溶けたチーズを包み込んで、もう本当に最高の味! 今まで食べたマカロニ&チーズの中で、文句なしに一番! Americanaであまり美味しくないマカロニ&チーズを食べたばかりだったので、余計に感動してしまった。チーズの味のバランスがとれていて、口の中の全ての味蕾を過不足なく刺激する感じ。それとパスタの味が絡まって、またピメントからはいい香りが漂っていて、シンプルなのに恍惚となる感じ。あー、書いてたらまた食べたくなってきた!

b0198361_8433216.jpg
Pimento Mac & Cheese ($6)

メインには "The Sawmill" と呼ばれる、フライドチキンのビスケットサンドイッチを注文した。個人的にビスケットは口の中でボソボソになる気がするのであまり好きじゃないんだけど、こんな風にグレイビーソースがかけてあるといい感じ。フライドチキンの中はジューシーで、臭みは一切なし。サバンナで行ったMrs. Wilkes' Dining Roomの美味しいフライドチキンを思い出させてくれる味だった。それにセージを使ったグレイビーがもう最高! フライドチキンとグレイビー、それにビスケットって、なんでこんなに合うんだろう?ってくらい最高に美味しかった。まさにアメリカ南部の味!

b0198361_8433534.jpg
The Sawmill (fried chicken, sage gravy, aged cheddar) ($8)

今回はこれだけだったんだけど、前に食べたフライドチキンのランチも最高に美味しかった。こちらはフライドチキン本来の味を楽しめるほか、豆やグリーンなんかの南部ならではの付け合わせも楽しめる。11時以降でないと注文できないけどね。

b0198361_8433754.jpg
Fried Chicken Plate (served with braised greens, Sea Island peas, buttermilk biscuit) ($13)

アメリカ南部の味をメニューに載せてるレストランはいくつもあるけど、The Wandering Gooseほど本場に近い味はないんじゃないかな。ここは本当に大オススメ。コーヒーも美味しいので、朝食やブランチにピッタリの場所だ。


[追記 - 2013/03/26]
b0198361_630556.jpg
Oyster Po-boy ($11)

ニューオーリンズあたりで有名なPo-boyはアメリカ南部版サンドイッチで、僕もニューオーリンズに行ったときに牡蠣のPo-boyを食べて感動したことがある。

ここのはカリッと揚がった牡蠣フライ、マヨネーズベースのソース、トマト、それにピクルスが山ほど載って出てきた。あまりにも巨大なので、最初はどうやって食べようか悩んだけど、ニューオーリンズで教えてもらったように、普通のサンドイッチのようにかぶりつくことにした。

ピクルスがぼとぼと落ちて食べにくいことこの上なかったけど、カリッと揚がった牡蠣からは新鮮な海の香りが溢れだして、それがマヨネーズソースの味とよく合って最高だった。でもピクルスはいくらなんでも多すぎって気がするなぁ。酸味が出しゃばりすぎちゃって、牡蠣の味がメインなのか、ピクルスから来るサラダのような味がメインなのか、わからなくなってしまう。美味しいことは美味しかったけど、Po-boyはもういいかな。次は牡蠣のビスケットサンドイッチでも頼んでみることにしよう。
[PR]
by seafoodie | 2013-01-28 11:30 | シアトル
<< Fresh Bistro (フ... Americana (アメリカーナ) >>