シアトル近辺の美味しいレストラン食べ歩き
by seafoodie
プロフィール
シアトル在住のAlexです。美味しいものが大好きなので、レストラン訪問記をまとめてみました。

サイトの意図や星づけに関しては、はじめにをお読みください。

シアトルのレストランをお探しの方は、下の「カテゴリ」の中から [一覧] シアトル をお選びください。

日記はこちら
カテゴリ
全体
はじめに
[一覧] シアトル
[一覧] 北アメリカ
[一覧] ヨーロッパ
[一覧] アジア
[一覧] 南アメリカ
[一覧] オセアニア
シアトル
北アメリカ(シアトル以外)
ヨーロッパ
アジア
南アメリカ
オセアニア
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2005年 12月
2005年 08月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 08月
2004年 04月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2001年 01月
検索
その他のジャンル


Marjorie (マージョリー)
b0198361_9543534.jpg

★★½☆
アメリカ料理
Marjorie
1412 E Union St
Seattle, WA 98122
206-441-9842

最近キャピトル・ヒルにはクオリティの高いレストランの数々がオープンしているけど、このMarjorieもその一つ。名前は耳にしていたんだけど、いい評判も悪い評判も聞いていなかったんで、今回は結構賭けだと思った。

レストランに入ってすぐのところには賑やかなバーがあって、その横にはちょっと小さめのダイニングルーム。全体的に狭い感じなんだけど、なんとなく雰囲気はいい。僕たちが通されたのは、キッチンの横を通って一度外に出た、離れのダイニングルーム。こちらには大きなテーブルがいくつも置かれていて、一つのテーブルをシェアして座るヨーロピアンテーブル形式みたいだ。

メニューは基本的にアメリカンなんだけど、シーフードあり、インド料理あり、イタリア料理ありの、なんでもこいって感じだった。僕はまずアペタイザーとして、インド料理でお馴染みのチキンティッカマサラを注文。

ティッカマサラにはパパダムがついてきた。どうやらこれですくって食べろということらしい。でもこの汁だくさんのティッカマサラに薄いパパダムを載せて食べるっていうのは、パパダムが折れちゃったりして思ったよりも難しい。やっぱりこれにはナンみたいなしっかりしたものが欲しい。ティッカマサラ自身はいい味わいなんだけど、なんだか腰が弱い感じ。インド料理の店のようなしっかりしたスパイスがベースにない気がして、「インド料理風のアメリカ料理」てな感じかな。ティッカマサラの量に比べたらパパダムがとても少なくて、パパダムを食べ終わった後も半分以上残ってたってのも、ちょっと「?」って感じだった。

b0198361_9543930.jpg
Free Range Chicken Tikka Masala (Pappadum, Raita, Mint) ($12)

メインはロブスターのシュペッツェル。トマトとプロシュートの味が前面に出た、とてもしっかりとした味わい。塩味はしょっぱすぎるボーダーラインぎりぎりといった感じ。美味しいんだけど、ソースの味がどっしりとしすぎて、肝心なロブスターの味が十分に味わえなかったのが残念だった。これだったらロブスターじゃなくても、もっと安い食材でも同じだったと思う。シュペッツェル自体は食感も味わいも文句なしだったけど。

b0198361_9544222.jpg
Lobster Spaetzle (Tomato, Prosciutto, Tarragon) ($21)

友人たちが頼んだメインコースは写真に撮らなかったんだけど、一人はホタテ、もう一人はアヒルのコンフィを注文。どちらもとてもしょっぱかったらしい。突き返しはしなかったけど、サーバーの女性にしょっぱすぎるということを一応伝えておいた。同じテーブルで隣に座ったカップルもそのやり取りを聞いていたんだけど、そのカップルの一人が頼んだアヒルのコンフィも同じようにしょっぱすぎたらしい。彼は苦情を言って新しいアヒルをもらったんだけど、そっちはあまりに塩気がなかったと笑いながら教えてくれた。これだけしょっぱいという人がたくさんいたってのは、レストランとしては大減点かも。シェフの性格なのか、その日たまたまこうなってしまっただけだったのか。

b0198361_9544577.jpg
ティラミス

デザートを三人でシェアして頼んだら、これは無料にしてくれた。こうなることを期待していたわけじゃ全くないけど、良いサービスにはとても嬉しくなった。ティラミスは甘すぎず、大人の味で美味しかった!

味の方向性自体はいいと思うし、サービスもいいので、今度もう一度トライしてみたい場所だな。そのときにはしょっぱすぎる料理が出ないことを祈るばかり。
[PR]
by seafoodie | 2013-01-04 19:30 | シアトル
<< Restaurant Bea ... Mamnoon (マムヌーン) >>