シアトル近辺の美味しいレストラン食べ歩き
by seafoodie
プロフィール
シアトル在住のAlexです。美味しいものが大好きなので、レストラン訪問記をまとめてみました。

サイトの意図や星づけに関しては、はじめにをお読みください。

シアトルのレストランをお探しの方は、下の「カテゴリ」の中から [一覧] シアトル をお選びください。

日記はこちら
カテゴリ
全体
はじめに
[一覧] シアトル
[一覧] 北アメリカ
[一覧] ヨーロッパ
[一覧] アジア
[一覧] 南アメリカ
[一覧] オセアニア
シアトル
北アメリカ(シアトル以外)
ヨーロッパ
アジア
南アメリカ
オセアニア
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2005年 12月
2005年 08月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 08月
2004年 04月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2001年 01月
検索
その他のジャンル


Madison Park Conservatory (マディソン・パーク・コンサーバトリー)
b0198361_8415172.jpg

★★★☆
アメリカ料理/地中海料理
Madison Park Conservatory
1927 43rd Ave E
Seattle, WA 98112
206-324-9701

Madison Park Conservatoryは、ワシントン湖沿いのシアトル側、マディソン・パークのすぐ近くに位置する、アメリカ料理のレストラン。2年ほど前にオープンしたらしく、僕の「いつか行きたいレストランリスト」には随分長いこと入っていたんだけど、なかなか行く機会に恵まれなかった。夏が終わると、これからは曇りや雨の日が多くなるので、外のテーブルに座って食べることにした。静かな住宅街の雰囲気で、ワシントン湖もすぐそばに見えてとても気持ちがいい。

b0198361_842354.jpg
マディソン・パークの辺りは本当に雰囲気がいい

まずはアペタイザーを何品か頼んでみる。最初はフォアグラ。フォア以外に色々と入っているのかと思いきや、来たのはネットリとした質感の輪切りのフォア。そのまま食べてみると、口の中でバターのように溶けて旨味がいっぱいに広がる。最後に本当に少しだけ嫌な匂いを感じるんだけど、一緒についてきたグースベリーのジャムと一緒にトーストに載せて食べると、脂肪の重さが爽やかな甘みによって軽減されて、美味しさのレベルがジャンプアップするみたい。このグースベリーのジャム、そんなに甘すぎることもなく、後味もサッパリとしていて、フォアグラには最高の付け合わせだ。

b0198361_8415457.jpg
Torchon of Foie Gras, cape gooseberry preserves, basil, toasts ($18)

次はタコのグリル。タコの味付けは塩とオリーブオイルだけらしく、噛みしめると香ばしい匂いと共にタコの旨味がほとばしり出る。うん、こういうダイレクトな味って本当に好きだ。下にあるトマトは、まるで砂糖でも使ったの?ってほど甘く、トマトはフルーツなんだよなぁということを思い出させてくれる。タコとトマトだけで素晴らしい味わいなので、ナスのピュレはちょっと余計な気がしたな。

b0198361_841577.jpg
Grilled Neah Bay Octopus, heirloom tomatoes, candied olive, eggplant puree ($16)

タリアテッレはシコシコしていて、本当にはっきりとした味わいのミートソースととてもよく合っていた。時々ふっと新鮮な緑の香りが流れてくるのはセイボリーのせいで、ローズマリーのような爽やかな香りだけど、それよりも肉の味によく溶け込めていた気がする。あまり「感動!」って味わいでもないけど、文句の付けどころもないパスタのコースだった。

b0198361_8415994.jpg
Tagliatelle, bolognese sauce, savory, parmigiano ($18)

さて、僕のメインはマス。フライパンで一匹まるごと調理してある。身には塩が振りかけてあるけど、パインナッツ、スグリ、ケイパーなんかを使ったソースもかけてある。中はとても瑞々しく、香ばしい皮と柔らかな身は、ソースをかけなくても塩だけで十分美味しい。単なる塩焼きでも美味しいんだけど、スグリのほのかな甘みのあるソースをつけて食べると、また違った美味しさが見える気がする。日本人だったら魚の旨味を塩だけで楽しみたいと思うけど、やっぱりこっちの人にはこういうソースが魚臭さを消すので嬉しいのかもしれない。美味しいソースだったけど、個人的な好みからすると、魚の味と少しだけ噛みあってない部分があるように感じたな。

b0198361_8421089.jpg
Pan fried Whole Idaho Trout, pine nuts, capers, currants & lemon brown butter ($25)

同行人が頼んだメインは、山羊のカレー。ヒヨコ豆やポテトなんかと一緒に煮込んである山羊の肉は、それだけでもシチューのような美味しさがある。上にかかっているの白っぽいものがカレーの味付けで、それをまぶして食べると、今までとは180度違った美味しさが口の中に広がる。インド料理のカレーのようにスパイスが一つひとつピュアな味わいを発揮しているというよりも、ここのカレーはスパイスがブレンドされた美味しさを感じる。どうもこの全体的な味わいが記憶にあるなぁと思ったら、南アフリカで食べたボボティという料理に似てるんだ! スパイスが肉の旨味に溶け込んでいて、辛いながらも家庭的な味わいになってる。ピタブレッドがついてきたけど、やっぱりライスが欲しくなるような味わいだった。

b0198361_842675.jpg
Anderson Valley Goat Currey, carrots, chickpeas, yogurt, fresh coriander, warm pita ($24)

料理も美味しかったし、雰囲気もサービスも最高のレストランだった。これからは外のテーブルで食事できる機会は少なくなると思うけど、またここのレストランでは外のテーブルに座って食事を楽しみたいな。

あ、そうそう。食事中になんか見たことのある人がレストランに入ってきたと思ったら、色々な映画で有名なTom Skerritt氏だった。彼はシアトル近辺に住んでいるらしい。レストランで有名人を見たのって、これが初めてじゃないかなぁ。
[PR]
by seafoodie | 2012-09-15 18:00 | シアトル
<< Marination Stat... U:Don (ユー・ドン) >>