シアトル近辺の美味しいレストラン食べ歩き
by seafoodie
プロフィール
シアトル在住のAlexです。美味しいものが大好きなので、レストラン訪問記をまとめてみました。

サイトの意図や星づけに関しては、はじめにをお読みください。

シアトルのレストランをお探しの方は、下の「カテゴリ」の中から [一覧] シアトル をお選びください。

日記はこちら
カテゴリ
全体
はじめに
[一覧] シアトル
[一覧] 北アメリカ
[一覧] ヨーロッパ
[一覧] アジア
[一覧] 南アメリカ
[一覧] オセアニア
シアトル
北アメリカ(シアトル以外)
ヨーロッパ
アジア
南アメリカ
オセアニア
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2005年 12月
2005年 08月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 08月
2004年 04月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2001年 01月
検索
その他のジャンル


The Walrus and the Carpenter (ザ・ウォルラス・アンド・ザ・カーペンター)
b0198361_75388.jpg

★★★½
シーフード
The Walrus and the Carpenter
4743 Ballard Ave NW
Seattle, WA 98107
206-395-9227

このレストラン、実は開店直後からいい噂を頻繁に耳にしていたのでずっと行ってみたかったんだけど、予約できないこともあって、行く機会に恵まれなかった。予約のできない場所は、個人的になんか苦手なんだよなぁ。開店時間に行けば大丈夫だろうと思ったんだけど、開店5分前にはもう10人くらいの行列ができていてビックリ。ここはいつ行っても並ばなきゃいけない場所らしい。

店内はすっきりさっぱり系。屋根のあるパティオにもテーブルがあるんだけど、今回はバーに座ることにした。目の前には牡蠣の殻を割る係の人が、忙しそうに様々な牡蠣を割って皿に並べてる。潮の香りが漂っていて、でも臭いシーフードの匂いはなく、このレストランのレベルが匂いでわかるような気がした。

牡蠣がいかにも美味しそうなので、まずそれを頼むことにした。5種類の中から自分で色々と組み合わせて、好きな数だけ頼むことができる。僕たちは今回は3種類、一人一つずつ頼むことにした。牡蠣自体が大好物ってわけでもないのでそれほど注文する機会はないんだけど、なるほど3種類も頼んでみると、それぞれに少しずつ性格が違うのがよくわかる。僕が一番好きだったのが、真ん中のEagle Rockという種類。潮の香りと、最初に感じるのはミネラル分の味。そして最後にほのかな甘さが舌の上でたなびきながら消えていく。なるほどー、牡蠣で有名なレストランのことだけはあって、胸がすくような清涼感のある美味しさだ。ホースラディッシュやミニョネットもついてきたんだけど、これほど素晴らしい牡蠣にどうしてそんなものが必要あろうか。最近食べた牡蠣の中で、一番美味しかったと思う。

b0198361_7531166.jpg
Oysters (Pickering Passage, Eagle Rock, Barron Point) (ひとつ$2)

次は「ビリーのトマト」。こういう名前がついているからには、シンプルながらにとても自信のある一品なんだろうと思って注文してみたんだけど、その予感は大当たり! バニラ・ソルトがかかっているので、口に運ぶ瞬間にふとバニラの香りがするんだけど、トマト自体の味がとても濃くて身がとても甘い。僕がまだ子供の頃に、田舎で食べさせてもらったあの美味しいトマトの味を思い出してしまう。やっぱりトマトって、偉大な食べ物なんだなって改めて思わせてくれた一品だった。

b0198361_7531830.jpg
Billy's Tomatoes (vanilla salt, olive oil) ($10)

次はスモークされたマス。燻煙がきつすぎることもなく、マス本来の味を100%発揮しているような味わいで、最高に美味しかった。クラッカーか何かに載せて食べたかったな。下にあるのはレンティルとクルミをクレムフレッシュで和えたもの。クルミの甘みのせいで、クレムフレッシュがまるでクリームのような味わいになっていてビックリした。とても美味しかったんだけど、なんとなくマスの味とは方向性が違う気がしたな。ワインはプチ・シャブリを注文したんだけど、ワインを飲んだときに魚臭さが前面に出ることがなく、いいコンビネーションだと思った。

b0198361_7532246.jpg
Smoked Trout (lentils, walnuts, crème fraiche, pickled onion) ($10)

次はビンチョウマグロのクルード。ごく軽く塩をしてあるだけで、マグロはそのままで食べても十分美味しい。イチジクのドライフルーツや、クルミのソースと一緒に食べると、ガラッと違う性格の味になる。華やかなんだけど、本来の良さが失われていない感じで、すごく相性がいい感じ。

b0198361_75326100.jpg
Oregon Albacore Tuna Crudo (anchoiade, fig, walnut) ($12)

サーディンのグリルにも、やはりクルミを主体にしたソースがかかってきた。香ばしくグリルされたサーディンは、魚好きには堪えられないような香りを放ってる。今までの料理はとても繊細な感じだったけど、これはどっしりと食べ応えのある味わい。そのまま食べてもよし、ほのかに甘いクルミのソースと一緒に食べてもよし、これとワインとパンだけで十分なディナーになるかもしれない。心から美味しい!と言える一品だった。

b0198361_7533054.jpg
Grilled Sardines (shallot, walnut, parsley) ($8)

最後はチーズで締め。この牛のチーズはクリーミーで、ハチミツととてもよく合う。結構お腹が一杯だったけど、パンと一緒に楽々食べられてしまった。

b0198361_7533392.jpg
Kurtwood Farms Dinah's (vashon, cow) Cheese (ballard bee honey) ($8)

というわけで、あちこちから聞いていたいい噂は間違いじゃなかった。シアトルでシーフードを食べたいって人がいたら、間違いなくこことFlying Fishをオススメするだろうな。予約が取れないのが本当に難点なんだけど、開店後(午後4時)、2時間くらいはそれほど混み合っていないように思えたので、そのあたりが狙い目かもしれない。シーフードが食べたくなったら、またここに来てみたいぞ。
[PR]
by seafoodie | 2012-07-28 16:00 | シアトル
<< Rione XIII (リオー... Canon (キャノン) >>