シアトル近辺の美味しいレストラン食べ歩き
by seafoodie
プロフィール
シアトル在住のAlexです。美味しいものが大好きなので、レストラン訪問記をまとめてみました。

サイトの意図や星づけに関しては、はじめにをお読みください。

シアトルのレストランをお探しの方は、下の「カテゴリ」の中から [一覧] シアトル をお選びください。

日記はこちら
カテゴリ
全体
はじめに
[一覧] シアトル
[一覧] 北アメリカ
[一覧] ヨーロッパ
[一覧] アジア
[一覧] 南アメリカ
[一覧] オセアニア
シアトル
北アメリカ(シアトル以外)
ヨーロッパ
アジア
南アメリカ
オセアニア
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2005年 12月
2005年 08月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 08月
2004年 04月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2001年 01月
検索
その他のジャンル


Cuoco (クオコ)
b0198361_2412242.jpg

★★★☆
イタリア料理
Cuoco     [前の訪問記へ]
310 Terry Ave N
Seattle, WA 98109
206-971-0710

3コースのディナーが$28で食べられるSeattle Restaurant Week。結局今回はこのCuoco一軒だけとなってしまった。以前はランチばかり食べに来ていたので、ここで初めてのディナーにはとても期待していた。

まず最初はロロロッサのサラダ。バルサミコ酢がメインのドレッシングが全体にかかっているんだけど、その後で水気を切ってあるみたいで、サラダがドレッシングで薄化粧してある感じ。僕はこういうサラダが大好き。普通にドレッシングがかけてあるだけだと、ドレッシングのあるところとないところで味が違ってくるし、皿の下の方はドレッシングに浸される感じになって味が濃すぎることになる。こんな風に全体的にドレッシングを行きわたらせて、しかも水気を切ってあると、全体で同じ味わいを最後まで楽しめることになる。薄化粧のロロロッサとホウレンソウは軽い味わいで最高! 酢漬けの赤玉ねぎも、優しい味わいのサラダにアクセントを与えていた。

b0198361_2412814.jpg
Lolla rossa, baby spinach, pickled red onion, balsamic onion vinaigrette

同行人はパルマの生ハム。もちろん美味しいんだけど、薄切りのリンゴとアルグラはちょっと余計な気がしたな。それだけだと無個性になっちゃうのかもしれないけど、美味しい生ハムはそれだけで十分って感じだった。

b0198361_2413187.jpg
20 month aged parma prosciutto, honey crisp apple, arugula

僕のメインはバベット・ステーキ。外は香ばしくカリッと焼けていて、中はミディアムレア。イタリアのステーキって塩だけってところが多いけど、ここのはちょっとだけソースがかかってる。でも肉の味を覆い隠すような感じじゃなくて、増幅してくれる感じで抜群の味。付け合わせのケールも、ちゃんと味がついていて最高。そういえば最初にTom Douglas氏のDhalia Loungeで食事したときに、単なる付け合せにもきちんとした味がついていて感動したっけ。それまで食べたレストランでは、付け合わせはほとんど味がついてなくて、テーブルの上の塩コショウで自分で味をつけないといけないようなところばかりだったから、こういう最後まで手を抜かない姿勢にとても感服した。Tom Douglas氏のレストランは、こういう安心感がある。

b0198361_2413565.jpg
Grilled bavette steak - braised kale, new potatoes

同行人のメインはタリアテッレ。パンチェッタとアスパラガス、パルミジャーノだけのシンプルな一品だったけど、パスタの美味しさを100%味わえて、とても美味しかった。

b0198361_2413816.jpg
Tagliatelle - house made egg pasta, asparagus, parmigiano, pancetta

デザートはティラミス。僕がティラミスを頼むのは珍しいんだけど、これは「Tom Douglas氏のレストラン」という期待を裏切らない味で最高だった。全体的に甘すぎず、一番上に載っているエスプレッソのゼラチンがいいアクセントになっていて、ペロッと食べてしまった。

b0198361_2414299.jpg
Tiramisu - ladyfingers, marsala cream, espresso gelatin, cocoa

同行人はパンナコッタ。こんなに甘さを抑えたパンナコッタは食べたことがない! まさに日本人好みの味わいかもしれない。甘いのが好きな人はルバーブのソースをつけて食べることで甘さを調整できるし。この上品な甘さのデザート、他のレストランでもやってほしいものだ。

b0198361_2414466.jpg
Panna cotta - poppyseed shortbread cookie, rhubarb sauce

うん、ものすごく感動ってほどの味じゃないけど、どの料理も心から安心して美味しい!と言えるものばかり。いつもレベルの高い料理を生み出し続けてくれるTom Douglas氏は、やっぱり僕のヒーローの一人だ。
[PR]
by seafoodie | 2012-04-18 18:30 | シアトル
<< Cafe Presse (カフ... Canlis (キャンリス) >>