シアトル近辺の美味しいレストラン食べ歩き
by seafoodie
プロフィール
シアトル在住のAlexです。美味しいものが大好きなので、レストラン訪問記をまとめてみました。

サイトの意図や星づけに関しては、はじめにをお読みください。

シアトルのレストランをお探しの方は、下の「カテゴリ」の中から [一覧] シアトル をお選びください。

日記はこちら
カテゴリ
全体
はじめに
[一覧] シアトル
[一覧] 北アメリカ
[一覧] ヨーロッパ
[一覧] アジア
[一覧] 南アメリカ
[一覧] オセアニア
シアトル
北アメリカ(シアトル以外)
ヨーロッパ
アジア
南アメリカ
オセアニア
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2005年 12月
2005年 08月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 08月
2004年 04月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2001年 01月
検索
その他のジャンル


Bisato (ビサト)
b0198361_494112.jpg

★★★★
アメリカ/イタリア料理
Bisato     [前の訪問記へ] [次の訪問記へ]
2400 First Avenue
Seattle, WA 98121
206-443-3301

シアトルで僕が一番大好きなレストラン、Bisatoに行ってきた。サンクスギビング翌日に訪れるっての、なんとなく恒例になりつつあるな。Lampreiaだった時代には一つひとつの料理が結構大きかったけど、Bisatoになってからは小さな料理をいくつも頼む感じになった。たくさん食べようとすると同じくらいの値段になっちゃうけど、色々な味を楽しめるから僕はこっちの方が好きだな。

まずは今日のスペシャルメニューから、黒トリュフのパスタにフォンティナチーズのソースとトリュフバターが載ったもの。これはもう、口に入れた瞬間に恍惚状態になった。僕を惹きつけてやまないあのトリュフの香りと、チーズの香りのコンビネーション。このトリュフは最近食べたものの中で、一番香りが強い気がする。以前このレストランではアシアゴチーズをかけたものを食べたことがあるけど、この料理にはフォンティナチーズの方が合うみたいだ。量を考えるとかなり高めな値段設定だけど、頭のてっぺんからつま先まで満足させてくれた味だった。

b0198361_49434.jpg
Black truffle pasta sheet with fontina cheese sauce and truffle butter ($18)

次はポーク・ロイン。マグロから作ったムースのようなソースと、フルーツの砂糖漬けが載っている。ピンク色のポーク・ロインは柔らかでジューシー、豚肉独特の食欲をそそられる香りにウットリ。それにマグロのソースの塩辛さとフルーツの甘さが一体となって、口の中には交響曲が鳴り響く。この三つの味、頭で考えただけでは方向がバラバラになるような気がするんだけど、これがピッタリと合わさってしまうのがスゴイ。

b0198361_49464.jpg
Sliced pork loin with venetian tuna sauce ($10)

次はバローロ・ワインを使ったマカロニにパルミジャーノチーズがかかっているもの。これはナイフのように洗練された他の料理とはうってかわって、すごく家庭的でホッとする味。ワインの旨味をパスタが吸い込んでいるからなんだろうか、本当に奥行きのあるドッシリした味で、自然に笑顔になってしまう味だった。

b0198361_494819.jpg
Barolo macaroni with grated parmigiano reggiano ($11.50)

Bisatoに来るといつも頼んでしまう仔羊の肉。微妙に甘いソースは、なんとなく日本の照り焼きを思い出させてくれる。今日のソースはいつもに比べると少しだけ薄い気がしたけど、仔羊の肉の旨味をうまく引き出していた。最後は手に取って、骨についた肉を歯でこそげ取ってたもん。

b0198361_495087.jpg
Seared lamb chops with whipped potato ($6/chop)

次はシャントレル・マッシュルームのリゾット。それになんとパルミジャーノチーズのアイスクリームが載っている。シャントレル・マッシュルームの姿はまったくないんだけど、リゾットを食べるとその風味が口いっぱいに広がって、快感の溜息が出てしまう。リゾットってスープと同じく、レストランのクオリティ評価のいいバロメーターになると思う。リゾットを食べているうちにパルミジャーノのアイスクリームが溶けてきて、それがリゾットに混ざって、素晴らしい香りを与えてくれる。ああ、本当にBisatoの食べ物は、僕の感性に100%合致してる。

b0198361_49535.jpg
Chanterelle risotto with savory parmigiano ice cream ($12)

まだちょっとお腹に入る感じだったので、ハマチとマグロのクルードを注文。普通クルードといえば、生の魚にオリーブオイル、海塩、柑橘系フルーツのジュースがかかっているだけのシンプルなものなんだけど、ここのはそれに加えて、濃い目に取った鰹節のソースがかかっている。魚の味が重なるんだけど、でもそれが嫌味じゃなくて、逆にハマチとマグロの味を引き立てていた感じ。その他にもミカンやザクロも載っていて、爽やかな味がフワッと口の中に駆け抜ける。ここで生魚を食べたのって初めてかもしれないけど、これも感動の味でもう最高!

b0198361_495521.jpg
Crudo of hamachi and yellowfin tuna ($12)

最後はチーズで締め。強い風味のチーズが好みだということを告げて、シェフに三種類ばかり選んでもらった。どれも本当に美味しかったけど、僕は真ん中のモンチアーノ(monchiano)というスペインのチーズが好みど真ん中の味だった。醤油の旨味を思わせるような熟成した味は、赤ワインにピッタリだった。

b0198361_495739.jpg
Choice of cheese ($5/ounce)

あーもう、シェフScott Carsberg氏は毎回毎回僕を感動させてくれるぜっ! 僕にとってはシアトルで一番のレストランだけど、ここは人によって好みが分かれる場所だと思う。まず量が少ないので、お腹いっぱい食べたいって人には不向き。でも、繊細な味つけや、新たな味の発見を望んでいる人には、すごくピッタリの場所だと思う。このレストランがシアトルにあることを感謝しなくちゃだな。

Bisato: [前の訪問記へ] [次の訪問記へ]
[PR]
by seafoodie | 2011-11-25 18:00 | シアトル
<< Wild Ginger (ワイ... Thomas Street B... >>