シアトル近辺の美味しいレストラン食べ歩き
by seafoodie
プロフィール
シアトル在住のAlexです。美味しいものが大好きなので、レストラン訪問記をまとめてみました。

サイトの意図や星づけに関しては、はじめにをお読みください。

シアトルのレストランをお探しの方は、下の「カテゴリ」の中から [一覧] シアトル をお選びください。

日記はこちら
カテゴリ
全体
はじめに
[一覧] シアトル
[一覧] 北アメリカ
[一覧] ヨーロッパ
[一覧] アジア
[一覧] 南アメリカ
[一覧] オセアニア
シアトル
北アメリカ(シアトル以外)
ヨーロッパ
アジア
南アメリカ
オセアニア
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2005年 12月
2005年 08月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 08月
2004年 04月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2001年 01月
検索
その他のジャンル


Altura (アルトゥラ)
b0198361_4204983.jpg

★★★½
イタリア料理
Altura     [次の訪問記へ]
617 Broadway E
Seattle, WA 98102
206-402-6749

Alturaはキャピトル・ヒルの北の端、Poppyの真向いあたりに新しくオープンしたイタリアンレストラン。10席ほどのカウンターの他には、2人掛け用のテーブルが8つ、それと8人用の大テーブルが1つだけの、こじんまりとしたシックな感じの場所。僕はそのカウンター席に座った。

開店直後だったので、まだバタバタと用意している段階だったらしいんだけど、席に着いてすぐに食前酒を持ってきてくれた。Amaro Noninoというリキュールにブラッドオレンジジュースを注いだもの。このリキュールは僕は初めて。濃厚でどっしりとしたオークの香りにジュースの柑橘系の味がよく合う。

次におつまみとしてオリーブが出てきた。フランスではアミューズ・ブーシュだけど、イタリアでは「ストゥッツ」と呼ばれているらしい。普通マティーニとかに使うオリーブは塩辛すぎて僕は好きじゃないんだけど、このオリーブはもっと新鮮で塩味も抑えてあって、鼻に抜けるオリーブの香りがとても心地よい。これとパンだけで、ワインのいいおつまみになる感じだな。

b0198361_4205313.jpg
「ストゥッツ」のオリーブ盛り合わせ

メニューが用意できてなかったのか、いつものことなのかわからないけど、やっとメニューが運ばれてきたのは店に入って30分後。それまでに食前酒やオリーブを持ってきてくれたり、Ronというウェイターのフレンドリーな対応が素晴らしかったのであまり気にはならなかったけど、それでも今回は一人での食事だったので、時間を持て余し気味だったことは否めない。

ここではアラカルトが中心なんだけど、それを自分で組み合わせてコース料理にするのがオススメのようだ。っていうか、一つひとつの料理には値段がついてなくて、3コース$49、4コース$59、5コース$69という値段だけが書いてある。これはどんな風に組み合わせてもOK。コースの数によって分量も調整してくれるらしいので、食べきれなくなるようなことはないみたい。せっかく初めてのレストランなので、僕はアペタイザーから2つ、パスタから2つ、メインから1つの、5コースを頼んでみることにした。

まず最初はカンパチのクルード。カンパチを細かく切って、オリーブオイル、海塩、レモンジュースなどをかけたもの。これはその上にセロリの薄切りが乗っていて、ニジマスのキャビアがついてる。カンパチ自身の塩はかなり抑えてあって、カンパチ本来の味を楽しめるようになってる。オリーブオイルと柑橘系の香りがとても心地よい。ニジマスのキャビアも上品な塩辛さで、カンパチの味とピッタリだった。それほどユニークでもないけど、安心して食べられる一品だった。

b0198361_4205557.jpg
Cold Smoked Kampachi Crudo (shaved celery, preserved lemon, golden trout roe)

次はタコ。グリルされたタコはぶつ切りにしてあって、豆やプチトマトなんかと一緒になって出てきた。これにもオリーブオイルがたっぷりかかってる。タコは美味しいんだけど、なんかちょっとどっちつかずの味って印象を受けたな。もっとしっかり焼いて香ばしく仕上げた方がよかったんじゃないかな。豆も美味しかったけど、これがタコと一番合うかというとちょっと疑問。プチトマトは甘くて味が濃くて、最高に美味しかった。

b0198361_4205830.jpg
Grilled Baby Octopus (cannellini bean purée, lemon cucumber, mint)

次はパスタのコース。カウンターのすぐ前がオープンキッチンなんだけど、シェフがフェットゥチーネを目の前に差し出しながら、「……あれ、フェットゥチーネじゃなかったよね??」と言ってきた。これは頼まなかったと告げると、「ごめん、間違えちゃった。でもこれも食べてみる?」とのオファー。これも興味があったので、もちろん頂いてしまうことにする。

ダンジネスクラブの身がたっぷりと入ったフェットゥチーネ。口に入れた瞬間に、新鮮なダンジネスクラブの甘さに包み込まれる。ライムの酸味がほどよく効いたソースがこの甘さをバックアップしていて、鼻に抜けるタラゴンの香りも心地よい。すごく美味しいんだけど、ちょっと優しすぎる気もしないでもないな。これ、メニューにはウニも使ってあるって書いてあるんだけど、今日はウニがどうしても手に入らなかったらしいので、メニューを持ってきてくれた時点でそれは謝ってた。本来はウニをソースにも使って、上にもウニが置いてあるらしい。個人的にウニはあまり好きじゃないんだけど、このソースにウニを使うとすごくいい味になるだろうな。

b0198361_421176.jpg
Fettuccine (dungeness crab, tarragon, lime)

お次はタリアテッレ。揚げたガーリックが入っていて、その上にCuore di Tonno(マグロの心臓の塩漬け)が振りかけてある。ガーリックの香ばしい匂いの向こうに、魚を香ばしく焼いたときのような匂いがする。マグロの心臓はパラッと振りかけてあるだけなんだけど、それがこのタリアテッレに与える影響は絶大。濃い鰹節というか塩漬けのイワシというか、そんな感じの味とガーリックの味が合わさって、口の中にはシンバルが鳴り響いてる感じ。パセリが別のハーブだったらもっとよかったかもしれないけど、とても美味しくて、これは心に残る一品だった。

b0198361_421392.jpg
Tagliatelle (fried garlic and parsley, cuore di tonno)

次のパスタはアニョロッティ。小鳩とキジの肉が中に入っている。肉を包んでいるパスタはシコシコした食感で最高! 少し濃い味のソースと肉の味がとてもよく合ってる。揚げたセージの葉もピッタリ。とても美味しいんだけど、ほんの気持ちだけソースの塩味がきつい感じがしたかな。

b0198361_421617.jpg
Agnolotti (squab and pheasant, black truffle butter, crispy sage)

さて、メインコースは仔羊の肉。肩肉、ロイン、リブの3種類。肩肉はホロホロと崩れる感じで柔らかく、脂が多い部分だったからか、とてもどっしりとした味に感じられた。ちょっと重たいんだけど、一緒についてきたシシトウを焼いたものがとてもよく合う味。ロインは完璧な焼き上がりで、上にちょっと塩を振ってあるだけ。臭みは全くなく、仔羊の肉の正統派の味を楽しめた。でもちょっとだけ退屈な味だったかな。リブには肉はほとんどついてなさそうだったんだけど、手で持って歯でこそげとるようにして食べるともう最高! やっぱり骨の周りの肉は一番美味しいかも。三者三様でとても面白いコースだったけど、このリブが僕は一番好きかな。

b0198361_421834.jpg
Trio of Anderson Ranch Lamb (loin, shoulder, ribs, garden chiles, nepitella mint)

僕の最初のAltura体験、とても素晴らしいものだった。今の段階ではSpinasseとCantinettaにはちょっと及ばない感じだけど、ここのシェフの味の繊細さは強みにもなるので、これからどんどん頑張ってほしいと思う。レストランがオープンして直後の訪問だったので、まだメニューも安全圏のものが多いのかもしれないけど、これからもっと独創的で、Alturaでしか食べられないようなものを作っていってほしいな。
[PR]
by seafoodie | 2011-10-08 00:00 | シアトル
<< Boat Street Caf... Katsu Burger (カ... >>