シアトル近辺の美味しいレストラン食べ歩き
by seafoodie
プロフィール
シアトル在住のAlexです。美味しいものが大好きなので、レストラン訪問記をまとめてみました。

サイトの意図や星づけに関しては、はじめにをお読みください。

シアトルのレストランをお探しの方は、下の「カテゴリ」の中から [一覧] シアトル をお選びください。

日記はこちら
カテゴリ
全体
はじめに
[一覧] シアトル
[一覧] 北アメリカ
[一覧] ヨーロッパ
[一覧] アジア
[一覧] 南アメリカ
[一覧] オセアニア
シアトル
北アメリカ(シアトル以外)
ヨーロッパ
アジア
南アメリカ
オセアニア
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2005年 12月
2005年 08月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 08月
2004年 04月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2001年 01月
検索
その他のジャンル


The Corson Building (ザ・コーソン・ビルディング)
b0198361_635472.jpg

★★★½
アメリカ北西部料理
The Corson Building
5609 Corson Ave S
Seattle, WA 98108
206-762-3330

The Corson BuildingはSitka & SpruceのシェフMatthew Dillon氏によるジョージタウンにあるレストランで、今ではSitka & Spruceよりも人気が高い場所となってしまった。1週間のうち4日間だけしかオープンしておらず、木・金はアラカルト、土曜日はコースメニュー(一人$90)、日曜日は小さめのコースメニュー(一人$60、ワイン込み)といった設定になっている。僕たちは日曜日のディナーに行ってきた。

シアトルのダウンタウンから車で10分ほどの場所にあるThe Corson Buildingは、石造りの建物で歴史を感じさせた。レストランの周りには、Herbfarmにあるようなハーブガーデンがあって、まずはそこでシャンペン+ローズジェラニアムシロップのウェルカムドリンクが振る舞われる。さすがシェフは以前Herbfarmで働いていただけあって、ハーブを使って客の心を掴むのが上手い。

レストランの中には大きなテーブルが3、4個あるだけ。だから小さなグループで行くと、必ず相席になってしまう。最初は少し戸惑うかもしれないけど、同じテーブルの人たちとワインと食べ物を分かち合いながら会話を楽しむというのは、このレストランでの体験で欠かせない要素の一つのように思う。僕らのテーブルには13歳の誕生日の子供と両親、それに50代くらいの夫婦とその奥さんの親友と、3+3+2=8人が座ることになった。テーブルの上には水、白ワイン、赤ワインが2本ずつ置かれていて、これもみんなでシェアすることになる。飲みきってしまったら、ワインは有料で追加できるらしい。

b0198361_635753.jpg
全て大テーブルで構成されているレストラン

料理はデザート以外は全て大皿で出てきて、8人で少しずつ取っていくというファミリースタイル。全ての料理が澄んだ味わいで、最高に美味しかった。中でも塩漬けのタラのスプレッドと、エビとシシトウの炒め物は絶品だったなぁ。仔羊のローストは臭みが全くなく、まるでプライムリブのような味わいで最高だった。なるほど、この店が評判になるのもわかる気がする。それに同じテーブルの人たちとの会話が楽しいこと楽しいこと! この会話の楽しさが、料理を一層美味しく感じさせてくれる調味料になっているんだと思う。ここでは「二人だけのロマンティックなディナー」って感じにはいかないけど、同じテーブルの人たちが家族になってしまったような感じで、また違う楽しさを味わうことができる。

b0198361_6351348.jpg
トマトと大キュウリのサラダと、塩漬けのタラのスプレッド

b0198361_6351584.jpg
エビとシシトウの炒め物

b0198361_6351874.jpg
ビーツの上にタラと野菜の炒め物

b0198361_6352124.jpg
アルグラの付け合せ

b0198361_6352442.jpg
仔羊のローストと豆

b0198361_6352842.jpg
デザート

今回の日曜日ディナー、これで一人$60ってのは安い!と思わせてくれるような素晴らしさだった。今度はもっと豪華な土曜日ディナーや、木・金のアラカルトにもいつか挑戦してみたい。
[PR]
by seafoodie | 2011-09-18 00:00 | シアトル
<< Lunchbox Labora... Serafina (セラフィーナ) >>