シアトル近辺の美味しいレストラン食べ歩き
by seafoodie
プロフィール
シアトル在住のAlexです。美味しいものが大好きなので、レストラン訪問記をまとめてみました。

サイトの意図や星づけに関しては、はじめにをお読みください。

シアトルのレストランをお探しの方は、下の「カテゴリ」の中から [一覧] シアトル をお選びください。

日記はこちら
カテゴリ
全体
はじめに
[一覧] シアトル
[一覧] 北アメリカ
[一覧] ヨーロッパ
[一覧] アジア
[一覧] 南アメリカ
[一覧] オセアニア
シアトル
北アメリカ(シアトル以外)
ヨーロッパ
アジア
南アメリカ
オセアニア
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2005年 12月
2005年 08月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 08月
2004年 04月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2001年 01月
検索
その他のジャンル


Cantinetta (カンティネッタ)
b0198361_937159.jpg

★★★½
イタリア料理
Cantinetta     [前の訪問記へ]
Seattle, WA 98103
206-632-1000

さてさて、一度以前来てすっかりファンになってしまったイタリア料理の店Cantinetta。今度は友達と6人で行ってきた。ここは6人以上じゃないと予約が取れないってのが玉にキズ。今回も6人行くと決まったのが直前だったので、予約を入れていなかった。でもバーで飲みながら15分くらい待っただけで席に着けたので、とてもラッキーだったかも。

6人いると本当に色々と頼めるから嬉しい。興味があるものを頼みまくって、みんなでシェアすることにした。

まずはデーツ(なつめやしの実)をパンチェッタでくるんで焼いたもの。豚の脂身の美味しい塩味の下から、甘くネットリしたデーツが出てくる。美味しいんだけど、個人的にデーツはあまりファンじゃないので、ネットリとした甘さがしつこく思えてしまった。

b0198361_9371831.jpg
Pancetta Wrapped Dates, Red Oak, 15yr balsamic ($11)

これは本来ならばサイドディッシュの一品なんだけど、アペタイザーとして頼んでしまったズッキーニの花の天ぷら。以前オーストラリアのイタリア料理の店で食べたときにとても美味しかった思い出があって、どうしても頼みたかった一品。軽く揚げてあるズッキーニの花には、塩がパラッと振ってあるだけ。それなのにサクッと口に含むと、なんでこんなに美味しいの?!と感動してしまう。微かな甘みとフレッシュなフルーツのような香り、それを揚げただけでこんなに美味しくなってしまうんだから不思議だなぁ。

b0198361_9372154.jpg
Fiori di Zucca, fritti, Lemon ($8)

ヒマワリの芽は見た目はカイワレなんだけど、それよりももっとどっしりとした歯触り。そのフレッシュな味わいに、甘いイチゴ。それとバルサミコ酢を主体にしたドレッシングがとてもよく合って、まさに夏のサラダといった感じ。

b0198361_9372426.jpg
Sunflower Sprouts, Basil, Strawberries, balsamic ($8)

アサリはちょっとピリッと辛い味付けで、パンチェッタから出る豚の脂身の美味しい香りをまとっていて素晴らしかった。シェアしてなかったら、一人で全部食べたいくらいだった。

b0198361_9372742.jpg
Lopez Island Clams, Red Peppers, Pancetta ($10.50)

豆の冷製スープ。ミントも使ってあるんだけど、それは本当に隠し味程度。味付けも抑えてあって、本来の豆の味が100%楽しめるという寸法。この抑えた味付けを好きじゃなかった人もいたけど、僕は結構好きだったな。僕の好きなレストランBisatoと方向性が似てる気がした。

b0198361_9373096.jpg
Chilled English Pea Soup, fresh Mint, Mascarpone ($8.50)

ペコリーノチーズは杉の木の上で焼いてある。チーズには黒トリュフが混ぜてあって、しかもその上にはハチミツがかかっていて、もう文句のつけようのない味! トリュフ入りのペコリーノチーズは友達にも大好評で、このアペタイザーのおかわりをオーダーしてしまったほど。これ、Cantinettaに来る度に頼んでしまいそうな一皿だな。

b0198361_9373298.jpg
Cesar Plank baked Pecorino, Honeycomb ($9.50)

さて、いよいよアペタイザーを終えて、メインへと突入。以前ここで一口食べたステーキがとても美味しかったので、僕はそれを頼んでみた。こんがりと焼き上がったステーキには、オリーブオイルと塩がかかっているだけ。前回のような骨髄を使った味付けがないせいか、正直ちょっとだけ物足りなく感じたけど、やっぱり美味しい肉とオリーブオイルとの相性は抜群で、最後まで食べきってしまった。

b0198361_9373527.jpg
Painted Hills Coulotte Steak, Tomato Gratinate ($19)

友達とシェアして食べたのは、ボロネーゼソースのかかったパパデーレ。麺はシコシコしていて最高の味。ボロネーゼソースも、トマトの酸味が効きすぎることなく、とても優しい味わいを与えていた。

b0198361_9373811.jpg
Pappardelle, Bolognese ($16)

他の友達の頼んだタリアテッレには、なんとカラスミのパウダーを使った味付けをしてあって、それに甘いチェリートマトの味が加わって、すっきりさっぱり、しかもパスタという麺の味を楽しめる感じで、これは一人で全部食べてしまいたいくらいだった。まさかカラスミがパスタに使えるなんて!

b0198361_937419.jpg
Tagliatelle, Sweet cherry tomatoes, Bottarga di muggine ($16)

リゾットはSummer Squashがたっぷり載っていて、とてもシンプルなんだけど爽やかな夏の味だった。

b0198361_937434.jpg
Risotto, summer squash oregano, mascarpone ($16)

デザートはイチゴのパンナコッタ。一口食べて……、えっ、これって砂糖入れ忘れたの?というのが第一印象。僕はあまり甘いものは好きじゃないんだけど、それにしてもこのパンナコッタは甘さがなさすぎた。バルサミコ酢のシャーベットのようなものが載っているので、そのせいで酸味だけしか感じられない。今まで素晴らしい料理続きだったのに、デザートで失敗ですか? これは残念だったなぁ。

b0198361_9374689.jpg
Strawberry Panna Cotta, Vanilla Balsamic Granita ($7)

店を出るときにオーナーのような人が挨拶してきてくれたので、デザートが全然甘くなかったことを言ったら、ちょっと待ってて!と言って中からカノーリを一本持ってきてくれた。これは普通の甘さだったので、デザートがみんな甘くないってわけでもなさそうだ。パンナコッタ、本当に砂糖を入れ忘れっちゃったりしたのかな??

デザートではちょっとつまづいたけど、Cantinettaはイタリア料理ではSpinasseを肩を並べるくらい素晴らしい場所であることには違いない。イタリア料理を食べたくなったら、Spinasseかココか、かなり悩むことになりそうだ。

Cantinetta: [前の訪問記へ]
[PR]
by seafoodie | 2011-07-23 00:00 | シアトル
<< MistralKitchen ... Bastille (バスティーユ) >>