シアトル近辺の美味しいレストラン食べ歩き
by seafoodie
プロフィール
シアトル在住のAlexです。美味しいものが大好きなので、レストラン訪問記をまとめてみました。

サイトの意図や星づけに関しては、はじめにをお読みください。

シアトルのレストランをお探しの方は、下の「カテゴリ」の中から [一覧] シアトル をお選びください。

日記はこちら
カテゴリ
全体
はじめに
[一覧] シアトル
[一覧] 北アメリカ
[一覧] ヨーロッパ
[一覧] アジア
[一覧] 南アメリカ
[一覧] オセアニア
シアトル
北アメリカ(シアトル以外)
ヨーロッパ
アジア
南アメリカ
オセアニア
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 04月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2005年 12月
2005年 08月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 08月
2004年 04月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2001年 01月
検索
その他のジャンル


Dominique Bouchet (ドミニク・ブシェ)
b0198361_3394931.jpg

★★★½
フランス料理
Dominique Bouchet
11 rue Treilhard
75008 Paris, France
01-45-61-09-46

Dominique Bouchetは、パリでミシュラン1つ星を獲得しているレストラン。8コースのメニューも値段も手頃(€98)なので、パリでの最後の夜にふさわしいかなと思って予約しておいた。

席に着いてメニューを眺めているときに運ばれてきたのはアミューズ第一弾。これはどれもチーズとパンを組み合わせたもののようだ。僕は一番左側のチーズクッキーのようなものしか食べなかったんだけど、チーズの味が口いっぱいに広がってとても美味しかった。お腹を膨らませたくなかったので、他のものは食べなかった。

b0198361_3395614.jpg
アミューズ第一弾

アミューズの第二弾は、カリフワラーのクリームのようなもの。カリフラワーの優しい味わいを凝縮した感じで、これは食欲を増進させてくれるような気がした。

b0198361_340022.jpg
アミューズ第二弾

最初のコースはホタテのカルパッチオに、青リンゴとマンゴーのソース、ビーツのキューブと、オリーブオイルとレモンがかかったもの。柑橘系の甘い香りとレモンの酸味が、甘いホタテの味を強調していてとても美味しい。シンプルなカルパッチオで、このシェフの腕前を見せてもらえた気がした。

b0198361_340342.jpg
Carpaccio de coquilles Saint-Jaques, pomme verte, mangue, betterave rouge, huile d’olives et citron

次はフォアグラが栗のスープに入ったもの。これは美味しいことは美味しいんだけど、なんだか味が濁ってしまっているように感じてしまった。フォアグラの風味と栗のスープが変な風に喧嘩してしまっているみたいで、ちょっと残念だった。

b0198361_340617.jpg
Foie gras poêlé au pain d’épices, crème de châtaignes

次のコースはエビの天ぷら。天ぷらとはいっても、エビは薄い皮に包まれて揚げられている。そのままでも美味しいけど、少しピリ辛のマヨネーズにつけて食べると、身の甘さが強調されて美味しさが倍増する。日本風なアレンジがちょっと嬉しかった。

b0198361_3401096.jpg
Tempura de crevettes au basilica

次はロブスターの身が入った大きなマカロニが、マッシュルームのマッシュの上に載ったもの。アルデンテのマカロニを噛みしめると、中から香ばしいロブスターの身が溢れ出してくる。個人的にあまりアニスの香りは好きじゃないんだけど、全体的に抑えてある感じでこのくらいだったら全然平気。下に敷いてあるマッシュルームはちょっと余計な気がしたな。でもとても美味しい味の組み合わせだった。

b0198361_3401395.jpg
Gros macaronis de homard sur purée de champignons, Noyés de bisque à l’anis

魚のコースはバスのロースト。香ばしく焼いた皮がとてもいい味を出していて嬉しくなってしまう。ケーパーの酸味も魚の味とよく合っていたと思う。

b0198361_3401723.jpg
Bar rôti sur pomme ratte écrasée, huile d’olives, câpres et citron

肉のメインコースは、イノシシ肉のシチュー。赤ワインで煮込んであって、マッシュルーム、ベーコンとミニ玉ねぎが入っている。これは今までの繊細な味とは打って変わって、どっしりと家庭的な味わい。まるでビーフ・ブルゴニョンのような田舎的な大胆な味に感じた。すごく美味しかったんだけど、今までのコースの味わいと随分違うものだから戸惑ってしまったことは事実。まるでレストランがビストロに早変わりしてしまったような感じだった。

b0198361_3402132.jpg
Civet de marcassin, sauce au vin, champignons, lardons, oignons confits

デザートはビタースイートチョコレートのタルトと、ラズベリーのシャーベット。タルトはしっとりと深い味わいで、甘すぎないチョコレートが口の中でネットリと溶けるようで、とても気持ちいい。大人の味って感じ。ラズベリーのシャーベットは味覚をリセットする感じで、このタルトとは素晴らしい組み合わせだと思う。

b0198361_3402433.jpg
Tarte au chocolat amer – Sorbet framboise

プチフールはお腹がいっぱいであまり食べられなかったけど、一番手前の小さなパウンドケーキみたいなやつとマシュマロだけは食べた。小さなパウンドケーキは甘さ控えめで僕の大好きな味だった。もし店で売ってたらたくさん買ってくると思う(笑)。緑色のマシュマロにはミントが入っているみたいで、軽い味わいがなかなかだった。

b0198361_3402889.jpg
Mignardises

全体的に美味しかったけど、どうしても肉のメインコースが浮いて感じてしまった。不満はないんだけど、フランス料理を食べていたらいきなり中華料理がでてきたくらいの驚きだった。あのシチュー以外に、このシェフがどんな肉料理を作るのか興味があるな。いずれにせよ、パリでの最後のディナーはかなり満足のいくもので本当によかった。
[PR]
by seafoodie | 2010-12-30 00:00 | ヨーロッパ
<< Aji Noodle Bar (味) Pramil (プラミル) >>